Mac 版再登場!バージョン 11 の新機能

詳しくは
Archives:

ビジュアルコラボレーション実践!相互理解編-お客様の状況をすばやく理解し、共有しよう

さあ、いよいよビジュアルコラボレーション実践と題して、Mindjet CatalystやMindManager8を効果的に日常のビジネスシーンや業務に役立てる方法をシリーズ編でご紹介しましょう。まず第一弾は、「相互理解編」です。ここでは、MJ株式会社の営業マンが同社が販売するソフトウェアを使用する顧客へ訪問し、現状や問題についてヒアリングした結果を社内にフィードバックしながら製品や顧客対応の改善をはかっていくシーンを想定します。通常、こういった場合お客様から聞き出した情報は、メモからメールやワープロのような文書情報に変換されますが、単なるメモを報告できるレベルにするにはそれ相応に時間と労力が必要です。MindManagerのようなマッピングソフトを使ってランダムにメモを展開したとしても多くの場合は、以下の左側のイメージのようなかたちになりやすいと思います。 こうなる原因は、顧客の情報をどういった視点で整理するのかといった基準がないからです。この基準がばらばらであったり、共有できていない場合は、こういった情報を相互に理解するというのは非常に負荷がかかります。Mindjet Catalystのマップ共同編集機能を利用すれば、一見こういった整理されていない情報でも右側のイメージのように共通の視点に基づいてすばやく整理することができます。以下に大まかな利用の流れを記載しておきますのでぜひ参考にしてみてください。 1.営業マンは顧客の情報(生の声)を現場で収集する(必要に応じてオンラインでも可能)2.入手情報をCatalyst上にインポートして、協働作業しながら内容を整理する3.回答内容を準備するため複数の関係者から情報を収集する(トピックにノートに回答を記録-遠隔地からでもOK)4.回答資料の準備と配信(必要に応じてMindManagerを使ってアウトライン形式へ変換)5.顧客からのフィードバックをもとにマップを更新6.顧客の状況と全体像をチームで共有する7.次なるアクションを検討し実行を管理する といった感じとなります。ビジュアルコラボレーションの本質は、このチーム内の「相互理解」をいかにすばやくかつ正しく生み出せるかという点にあります。通常私たちは、言葉や文章で自分の理解を一生懸命他人に伝えようと努力しますが、思ったように伝わらないことがよくあります。その原因は、伝える言葉の上位にある概念が、うまく伝わらないからなのです。マップを使うことによって、この上位概念を上位トピックとして紐付けることができるので、共通理解を生み出しやすくまた誤解を防ぐことができるのです。 この活用例でのポイントは、なんといっても 3.回答内容を準備するため複数の関係者から情報を収集する が時間と場所を選ばずに実行できることです。チームの関係者に回答の期限を伝えておけば、誰でも都合のよい時間にどこからでも情報を入力・参照できるので大変便利です。回答内容をノートに記録し、必要に応じて質問記号(?)をつけることで再度の確認を促します。こうして、マップを利用すると、最初は単なる「言葉のメモ」に過ぎなかっただったものが、チームで編集を加えることにより、 7.次なるアクションを検討し実行を管理する では今後のアクションを検討する材料へと成長していきます。 こうした情報の変化は、私たちが日常利用しているメールやワープロ等では実現できない世界であり、わずか1枚でそれを実現できることが最大の強みであり利点です。 顧客の要件ヒアリングやインタビュー結果などをチームで理解・共有する際にぜひ活用してみてください。 Read more »

時は金なり!知は宝なり!ビジュアルコラボレーションがもたらす価値と可能性!!

見える化というキーワードを目にするようになってから久しくなりますが、協働作業の見える化を意味する「ビジュアルコラボレーション」を実践することに一体どれくらいの価値があるのかについて今日は一緒に考えてみたいと思います。 MindManagerをミーティングや情報分析およびマネジメント、そしてコミュニケーションやプロジェクト/タスク管理において有効活用した場合、どのくらいの時間が削減できるのかを1800人のナレッジワーカーを対象に調査した結果(英語)がビジネス白書としてMindjetのWebサイトで公開されています。 > Mindjet Solution Business Case(英語) 調査結果として、少なくとも週に一人当たり3時間から5時間が削減されるという結果が出ています。年間52週に換算すると実に一人あたり260時間もの削減となり、時間単価を5000円と見積もったとしたら、年間一人当たり130万円もの価値(時間)を創出する計算になります。 自身のこれまでの経験上から言えば、より有効に活用すれば一日に2時間程度の時間は削減できると実感しています。つまり、週10時間前後の削減が期待できるというわけです。また、この効果は個人のみならずコラボレーションするチームの生産性にとっても大きな影響をもたらしますので、トータルで計算すると非常に大きな効果が見込めることになります。 しかしながら、MindManagerを使ったことのない方にとっては、「生産性や効率がアップします」と言われてもなかなか実感がわきにくいということもあるでしょう。 そこで、そんな方には、Mindjetが提供するProductivity Self-Assecsmentをやってみることをお勧めします。フォームから、日頃ミーティングや情報分析・管理、コミュニケーション、プロジェクト管理のアクティビティに週当たりどれくらいの時間を割いているかを入力して計算結果をリクエストすると指定した電子メールアドレスに削減効果予測レポート(英語)が送信されます。 グラフ形式で表現されていますので、英語が苦手な方でも直感的に理解できると思います。 もちろん、削減可能な時間や単価は人によって様々ですが、私たちにとって貴重な時間を「時は金なり」という視点で日常の活動をシビアに観察することも時には必要かもしれません。 “Productivity Self-Assessment Calculator” Presented By Mindjet Read more »
Tags: Mindjet

ブログの最新情報をすばやくマッピング!MindManagerの便利なニュースフィード機能

MindManager8は、自身の頭の中にあるアイディアや知識をすばやく洗い出し、整理するだけでなく、外部にある様々な情報をマップ上にすばやく取り込む方法も提供しています。そのひとつが、マップパーツの中にある「ニュースフィード機能」です。今日は本ブログを例にサイトの更新情報をニュースフィード機能を使ってマップに取り込む方法をご紹介しましょう。 まず最初に該当のブログのニュースフィード(RSS)のURLを調べます。本ブログのRSS-URLは、以下の通りです。 http://smart-catalyst.blogspot.com/feeds/posts/default?alt=rss 通常は、「このニュースを購読する」を実行すればニュースフィード機能を持つブラウザからすばやく情報にアクセスしたり、必要に応じて記事を並べ替えたり、検索することもできます。MindManager8を使えば、さらにこれらの情報をすばやくマップに取り込んで自由に編集することもできます。 1. MindManager8を起動し、新規にマップを作成します。2. 作業ウィンドウのマップパーツを選択して、マップパーツフォルダを右クリックします。3. メニューから、「ライブラリに新しいニュースフィードの追加」を実行します。4. 上記に示されるRSS-URLをコピー&ペーストして入力するとニュースフィード用のマップパーツが生成されます。5. 任意のトピックに該当のマップパーツをドラッグすると自動的に該当のブログから情報を取得し、マップのトピックとして展開できます。6. 各トピックには、投稿のテーマや投稿記事、記事参照のためのハイパーリンクが自動生成されます。 取り込まれた情報の全体像を俯瞰しながら、関心のあるトピックへダイレクトにアクセスできるので大変便利です。関心度の高いブログやサイトからすばやく情報をマッピングし、独自の視点で編集するれば意外な発見があるかもしれませんよ。MindManager(Pro7または8)を活用している方は、ぜひ一度お試しいただき新たな情報活用方法を模索してみてください。 Read more »

PMI認定コース!プロジェクトダッシュボードでプロジェクトの混沌を打破せよ!

本日は、昨日投稿した「プロジェクト」に関するテーマをさらに具現化していきましょう。 プロジェクトチームで地図(マップ)を共有するための具体的な方策として、「プロジェクトダッシュボード」をとりあげます。 プロジェクトダッシュボードとは、プロジェクトの全体像を1画面に統合できるビジュアルツールであり、MindManagerを使うことでより高度な実装とカスタマイズを行うことができます。プロジェクトに散在する様々な情報をプロセスに紐付けることによって誰でも、すばやく必要な情報へとアクセスできる環境を提供します。 プロジェクトダッシュボードを利用することで、ステークホルダーとのコミュニケーションを改善しながらプロジェクトに要する時間とコストを大幅に削減することができます。さらに、プロジェクトにおける以下の活動をより効率的に行なえます。 ■プロジェクトの成果物、連絡先、スコープ、プロジェクト計画書といった全てのプロジェクト情報にすばやくアクセスし、プロジェクトを適切にコントロールします。■プロジェクトダッシュボードからワードやパワーポイント形式にすばやく変換できるのでレポートやプレゼンテーション資料の準備が簡単に行えます。■プロジェクトダッシュボードを使えばオンラインでもオフラインでも簡単に会議を進めることができます。ブレインストーミングに加えて、進捗状況の確認や、タスクやリソースの割り当て を即座に行うことができます。■プロジェクトダッシュボードによって、顧客や経営幹部にプロジェクトの状況をすばやく簡潔に 報告できます。 プロジェクトダッシュボードは、世界で50万人以上いると言われるプロジェクトマネジメントの国際資格PMPを認定するPMI(Project Management Institute)が認定するコースであると同時にPMBOKに準拠しています。コース終了後10PDU獲得できます。 本コースの特徴は、日本語、英語のどちらでも学ぶことができることであり、グローバルチームのプロジェクト共通言語であるPMBOKに準拠した国際的なラーニングコンテンツです。このコースの開発者であり、指導者は、グローバルチームの豊富なプロジェクト経験と指導経験を持つウォーレン・アーバクル氏(フォーカスキューブ株式会社 代表)です。 MindManagerを使って「プロジェクトダッシュボード」を構成し、いかにプロジェクトをマネジメントできるのかについて関心のある方は、PMI認定コースの「MindManager for Projects」のサイトをぜひご覧ください。概要をわかりやすく解説したビデオがありますので、まずはそちらをご覧ください。 プロジェクトダッシュボードは、プロジェクトの混沌とした状況と日々格闘している最前線のプロジェクトマネージャにとって今後一層不可欠なスキルとなることでしょう。 “MindManager for Projects” presented By Warren Arbukle Read more »

MindManager & Catalystでプロジェクトチームのコミュニケーションは大きく変わる!

本ブログでは、ビジュアルコラボレーションをテーマにMindjet CatalystやMindManagerをどのように活用できるかを毎回お伝えしています。今日は、コラボレーションの代表例とも言える「プロジェクト」について言及したいと思います。 まず、プロジェクトにおける最大の課題はやはりコミュニケーションと情報共有にあると考えます。様々な企業や組織にまたがって様々なスキルと個性をもった人間がチームとして共通目標に向かって仕事を進めていくというのはそんなにたやすいことではありません。なぜなら、チーム内の様々な立場の人たちの共通理解を生み出すことは、従来の言葉のみのコミュニケーション方法では自ずと限界があるからです。 簡単な例として、私たちがある場所で誰かと待ち合わせする場合を想像してください。待ち合わせ場所に何度かいったことのある人とまったく知らない人との間では、持っている情報に大きな差があります。場所をよく知っている人は、言葉で一生懸命伝えようとしてもそもそもまったく周辺の情報を持ち合わせていない人にとってはちんぷんかんぷんです。こういった場合、私たちは道具として何を普段使っているのか思い出してください。そうです。「地図」を使って場所を示すことで、この理解の隙間を埋めるわけです。 実はこれと同じことが企業の事業活動やプロジェクト活動でも頻繁に発生しているのですが、私たちはこれまで一生懸命「言葉」や「文書」で伝えようとしていたのではないでしょうか?チームの共通理解を醸成するために、この「地図」(マップ)が大いに役立つことに私たちはまず気づく必要があるようです。さらに、個人的なマインドマップを描くことを目的とするのではなく、マップをチームの共通理解を生み出す道具として活用するという視点で取り組んでみてはいかがでしょう。 MindManagerとCatalystを組み合わせることで、チームの知恵と情報の活用方法が大きく変わります。MindManagerのプロジェクト活用方法に関して関心のある方は、下記ZDNet Japanの連載講座をぜひご覧ください。2年前、MindManager Pro7をベースに連載した内容ですが、今読まれても新鮮に感じるところがあるかと思います。 “MindManagerで見える化実践!スマートなプロジェクト管理” Presented By ZDNet Japan Read more »

Catalystの共有機能を使ってソーシャルネットワーキングサービス(SNS)へマップをすばやく公開!

ここ数年でマインドマップの認知度もだいぶ高まり、MindManagerをはじめとしたマッピングソフトウェアの利用者もだいぶ増えましたが、まだまだ知らない方もたくさんいるようです。特に、企業活動や事業活動における利用については、その本質をまだまだ生かし切れているとは言えないようです。 情報の共有という面からすると手描きのマインドマップはもちろんですが、専用のソフトウェアを利用している場合は通常同じソフトウェアを利用しているユーザー同士でしか情報を共有できません。通常、画像やPDFに変換することも可能ですが、情報というよりも単なる「絵」や「画像」としての表現にとどまってしまい、せっかくの「情報」を有効利用することができないという課題を抱えています。 そもそもマップの力は、なんといっても私たちが日常お世話になっている「地図」と同様、特定の領域の世界を1枚で表現することで、その全体像と位置関係を私たちにすばやく理解させてくれることです。これは、言うはたやすいですが、非常に難しく、高度な技術を要します。 Mindjet CatalystやMindManager8には、マップをMindjet PlayerというFlashコンテンツに変換する共有サービス機能が搭載されています。共有実行時(飛行機のアイコンが目印)には、メールやお気に入り、さらにはブログ、Twitterといったソーシャルネットワーキングサービス(SNS)へ情報を簡単に配信することができます。この共有機能によって、発信者から受信者へ、受信者からさらに他の受信者へとリレー式で情報を配信できるので情報の伝播率が爆発的に広がっていきます。 どんな情報を「マップ」として社会に配信したいかは、あなたのアイディア次第です。ぜひ、チャレンジしてみてください。 Read more »

遠隔地からでも手軽にWeb会議でコラボレーション(オプション)

Mindjet Catalystには、標準機能に加えてオプション機能としてWeb会議機能を追加(年間38,850円/人)することができます。Web会議機能は、アプリケーションやデスクトップの共有機能をはじめ、ビデオ、VoIP、チャット、ファイル転送、ホワイトボード、ダイナミックサーベイ機能などコラボレーションを円滑にサポートしてくれる機能が豊富に盛り込まれています。 私は、Mindjetの開発チーム(米国)とCatalystのワークスペースを通じて品質に関する問題を共有しています。(実は、英語はからきしダメなのですが、マップに示すことでシンプルに伝えることができます)問題の本質や再現手順などがうまく伝わらない場合など、必要に応じてWeb会議を利用すれば問題発生の再現手順を目の前に示すことができ、問題や現象を正確に伝えることができるので大変助かっています。 1会議あたり、15人まで招待することが可能であり、参加者は必ずしもMindjet Catalystに招待されたユーザーである必要はありません。つまり、オプションとして追加を要するライセンスは、主催者(モデレータ)のみとなりますので、マネージャクラスの方2名にMindManager8とWeb会議のモデレータオプションを導入し、メンバークラスの方10名には、Mindjet Catalystのサービスを利用するといった形態の利用方法もあります。 Read more »

必見!チームコラボレーションの創造性と効率を高めるビジュアルソリューション

Mindjet MindManagerは、ビジネスパーソンの思考活動の「創造性」と「生産性」を継続的に高めてくれる非常に優れたソフトウェアです。Mindjet Catalystは、このMindManagerで培われた優れた機能に加え、ビジネスチームやプロジェクトチームの仕事の進め方や情報、知恵の共有の仕方を根本的に変えることができるSaaS型のプラットフォームサービスです。 私たちは、日々のビジネス活動において、様々な行動とアウトプットが要求されます。MindManagerによってビジュアル化された思考を様々な形式でアウトプットしたり、他のソフトウェアで作成された情報をシームレスにインプットできれば業務の生産性や効率はさらに高まるはずです。MindManagerの強みは、単なるマッピングソフトにとどまらず、必要に応じてサードパーティ製のアドインツール製品を組み合わせることで様々なソフトウェアやツールとの連携がはかれることです。日本においてもすでに、Excelとの連携機能やプロジェクト管理ソフトウェアとの連携によるガントチャート出力機能など様々なアドインソフトが開発・販売されています。通常、こういったソフトウェアを探す場合、GoogleやYahooといった検索エンジンを通じて見つけることが多いと思いますが、今日はこれをビジネスソリューションマップとして皆さんに1枚でお届けしましょう。 “Mindjet ビジネスソリューションマップ” Presened By MIndjet Player Read more »
Tags: Mindjet

ブログの弱点克服!?これぞマップに秘められたパワー

ブログを開設してから早2週間が過ぎようとしています。投稿数も15件となりました。毎日、様々な使い方やコンセプトをわかりやすくお伝えできればといろいろと工夫しているつもりですが、残念ながらブログには閲覧者が記事にアクセスする上で特有の課題があります。 それは、投稿記事のアーカイブにすばやくアクセスする手段が貧弱であるという点です。最新や最近の記事を閲覧することはたやすいのですが、膨大に蓄積されたアーカイブから読み手が関心のある記事にダイレクトにアクセスする方法が残念ながらないのです。カテゴリ分けされたテーマからプルダウンメニューで記事を選択する方法もありますが、あまり使い勝手がよいとは言えません。このブログの根本的なアクセスにおける弱点を克服するためにもマップが大いに役立ちます。 具体的に、本ブログをマッピングした例をご用意いたしましたので、あなたの知りたい箇所をクリックして見たい記事にアクセスしてみてください。 “情報アクセスの課題を克服するブログマップ” Presented By Mindjet Player Read more »

ドラッカーが50年前にすでに予見していた現代社会が抱える本質的な問題とは?

気がつくとマインドマップやMindManagerとの出会いから約10年が過ぎようとしている。プロジェクトマネージャという立場から物事の全体を俯瞰する必要性を痛感したのが、今から17年以上前。以来、マインドマップを含めて様々な思考手法を実践で活用し、その本質を体得してきたつもりだ。最近よく耳にするのは、「マインドマップは果たしてビジネスや仕事に役立つのか?」という素朴な疑問である。結論は、声を大にして「大いに役立つ」と答えたい。 今日は、その結論を今は亡きマネジメントの父ピーター・F・ドラッカー氏の優れた知見に基づき検証してみたい。彼が、50年以上前にすでに指摘していたと言われるモダンアプローチの限界、それは世の中の事象は論理の力によって解明できるとの前提に基づき、すべてを部分に分解して考えるというアプローチであった。しかし、このアプローチは、現代社会が抱える地球環境問題や少子化高齢問題といった複雑な問題を解決するには残念ながらまったく役に立たない。それは、一体なぜなのだろうか?それは、部分最適は、決して全体最適にはつながらないからである。わかりやすく言えば、私たちの体を部分に切り刻んで分解しても何の機能も果たせない、体というひとつに統合されてはじめて機能するということである。ドラッカーからのメッセージの本質は、「部分ではなく、全体を見なさい」ということである。これは、言うはたやすいが、すでに部分に分解されてしまった物事を全体として捉えなおすには強い意識と訓練、そして道具が必要となる。身近な例としてあげられるのは、学問や国、企業の部門そして私たちの人生である。あなたは、果たして日々の日常や出来事を自分の人生全体の一部として常に俯瞰できているだろうか?そう考えてみるといかに難しいかがわかるはずだ。その全体をとらえるための道具として役立つ手法のひとつが「マインドマップ」であり、それを具現化した優れたツールが「MindManager」なのだと主張しておきたい。 例としてここに、人類と企業というものを上位の概念から俯瞰し、マッピングしたものをお見せしよう。このレベルで俯瞰できれば、環境問題や戦争、そして企業の部門間のセクショナリズムなどといったものは入り込む余地がなくなることにあなたは気がつけるだろうか? “企業の活動を部分としてではなく全体として捉えた企業マップ” Presented By Mindjet Player Read more »
Tags: Mindjet

Start Your Trial Now