Mac 版再登場!バージョン 11 の新機能

詳しくは

MindManagerが果たす大切な役割と必然となる時代背景(仕事マネジメント編)

今日は、MindManagerが私たちのビジネス環境で必要となる時代背景を仕事マネジメントの観点から言及します。

情報化社会と呼ばれて久しくなりますが、21世紀はすでに「知識社会」へと突入しています。

20世紀は、工業化社会から情報化社会へ推移し、ビジネスパーソンの活躍の場は工場から企業へと移されました。

労働者は、ブルーカラーからホワイトカラーへとその人口比率を高め、知識社会と呼ばれる現代では多くのビジネスパーソンがナレッジワーカー(知識労働者)として働いています。

知識労働の特性として最も特徴的なことは、仕事に終わりがないという点です。

これまでの多くの仕事は、ルーチンワーク化され、決められた工程を決められた手順で実行し、決められた量を生産すればよかったのです。

しかし、ナレッジワーカーの仕事は、未知なプロジェクト型で、複数の仕事をマルチタスクで実行しながら、より高い質を生み出さなければなりません。

そのために私たちは、より多くの仕事を同時に抱えるようになりながらも、より厳しい納期と高い品質を保証するために高い生産性を要求されています。

一方で常に情報と時間に追われ、物事を冷静に整理したり、考えたりする時間が十分とれない状況で常にプレッシャーを感じながら仕事をしているのです。

工業化社会における労働の生産性や品質は、これまで飛躍的に向上を重ねてきたと言われますが、一方で知識社会における知的労働の生産性は高まっているでしょか?

ここで、私たちが気づくべき大切な課題は、これまでの労働形態の変遷に対して、仕事のやり方やスタイルがふさわしいカタチに変わっているのかという点です。

時代は、移り変わり、情報技術の進化によって労働環境も激変した現代においても、過去と同じやり方をしていたのでは、創造性や生産性を高めることは到底無理な話です。

知識社会には知識社会特有の仕事のアプローチがあるはずです。

私たちは、知識労働の生産性を高める鍵は、まず最初に「全体像」を見極め、誰もが見えるかたちに見える化(地図化)することだと考えています。

この重要な役割を担うのが、「マインドマップ」であり、私たちにその能力を与え続け、絶えず高めてくれるようサポートしてくれる道具が「MindManager」なのです。

最初に全体像を的確にとらえれることができれば、私たちの仕事はもっとスマートに、より効率的になります。

あなたもぜひMindManagerを知識社会と呼ばれる現代社会にふさわしい仕事の道具として日々役立ててみてはいかがですか?

Start Your Trial Now