Mac 版再登場!バージョン 11 の新機能

詳しくは
Archives: 役立つティップス集

Mindjet:東日本大地震被災に対する支援・製品無償提供について

このたびの東日本大地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 Mindjet社(本社:米国サンフランシスコ、以下マインドジェット)は、東日本大地震で被災した方々に対する支援・救援活動を行う政府・自治体および各種団体を対象に、情報共有、復旧・復興支援の計画策定等の手段として、弊社の開発するビジュアルソフトウェア「MindManager」を(2011年3月18日(金)~ 2011年9月末まで)無償にて提供いたします。 プレスリリース:マインドジェット、東日本大地震被災に対する 支援・製品無償提供について 「MindManager」は、2004年にハリケーン”ジーン”が米国を襲った際に、連邦航空局により情報整理・災害復旧管理に活用された実績があり、今回、弊社Mindfulプログラムの一環として本活動を決定致しました。 東日本大地震による被災地での支援・救援活動において被災地での支援・救援活動における情報共有・復旧・復興計画策定手段を必要とする政府・自治体および各種団体を対象として、提供させていただきます。 合わせて、防災、災害対策時に不可欠な思考ポイントを「東日本大震災」をモデルとして整理したサンプルマップをコミュニティサイト「Maps for That! 」にて公開していますので、合わせてご利用ください。 必要に応じて加筆、修正を加えることで防災マニュアルや災害発生後の災害対策マニュアルといった様々な用途に役立てることができます。 このマップは、2004年に発生した新潟中越地震の際に新潟に住む大学時代からの友人のために「今できること」を実践した際に作成したマップです。 そのベースをもとにこの度の「東日本大震災」の状況を整理してあらためて痛感したこと…それは災害時に最も大切なことは被災者の方々の情報と希望をいかに断たないかということでした。 その際にも、感じた震災の恐怖がわずか7年後にこれほど大きくなって私たちに襲いかかってくるとは夢にも思いませんでした。 私たちは、阪神淡路大震災、新潟中越地震に続いて、今1000年に一度と言われる未曾有の大震災を経験しています。 私たちは、その貴重な体験を通じて得た教訓を次の世代へとしっかりと受け継がなければならないと思います。 世界中の人たちが、一体となって被災地の方々やそれを支える人たちのために「今自分ができること」を一生懸命考え、実行に移しています。 マインドジェットのチームの一員として、「今私ができること」それは、突然の災害にもあわてずすばやく行動できるためのマップを提供することだと思いました。 突発的な災害発生時には、誰でも視野が局所的になるため一瞬でパニックに陥ったり、冷静な判断や行動をすることが非常に難しい状態へ追い込まれます。 そんな時に、冷静な状態に戻るためには日頃の防災対策はもとより、何よりも混乱した状況や情報を正確に把握するための大局的な視野をすばやく取り戻すことです。… Read more »

Maps for That!に登録されているマップとは?その全貌をあなたに!!

本日は、マップ共有コミュニティサイトのMaps for That!に保存されている様々なマップについて紹介しましょう。 サイトにアクセスいただくとわかりますが、「Gallery」アイコンをクリックするとサイト内に保存されているマップがサムネイル形式で一覧表示されます。 ここから自分の関心のありそうなマップをひとつひとつ見ていくのも楽しいものですが、多忙なあなたにとっては、もっとすばやく目的とするマップを探し当てたいと思うことでしょう。 そんな時は、上位にある検索窓(Search)に関連しそうなキーワードを入力してみると該当のテーマに相当するマップが見つかるかもしれません。 例えば、あなたが何かプロジェクト関連で有益なマップをお探しの場合は、検索窓に「Project」と入力してみてください。 もちろん、本サイトはまだ開始されて間もないため今のところあまり日本語のマップは登録されていないため、英単語でキーワードを指定いただいた方が多くの情報が得られることはあらかじめお断りしておきます。 さておき、「Project」に関連しそうなマップに絞り込めたら自分の興味の対象に合致しそうなマップを順次探しだしていけばよいのです。 でも、きっとあなたが本当に気にしているのはこのサイト全体にどんなマップが保存・共有されているのかといったことですよね? 私も気になりました。(笑)そんな時こそマップの出番なんです。(手作りは大変でしたが、ここは世のため、人のためと思いがんばりました) 10月12日現在、数百枚のマップがこのサイトに保存されていましたが、実に様々な分野のマップが登録されていました。 その分野を私なりに10個のカテゴリと製品に特化したもの(Product)に分けて整理してあります。 10個のカテゴリとは、 Analysis(分析)/Strategy(戦略)/Planning(計画)/Sales(営業)/Meeting(会議)/Project(プロジェクト)/Working(仕事術)/Method(手法)/Education(教育)/Private(私生活) です。(左の画像をクリックすると、MapsforThatのダッシュボードへと誘導します) それぞれのカテゴリに関連付けられたサブトピックのハイパーリンクをクリックすれば目的とするマップへすばやくアクセスできるようにしてあります。 もちろん、このマップをダウンロードして編集すればあなたなりの体系に整理し直したり、解釈を変更したりと自由自在です。 なお、一部のマップ(ドイツ語等)は、マッピングの対象から除外してありますので、実際にはこれ以上のマップが保存されていることを念のため付け加えておきます。 あなたのビジュアルマップライフがより快適となる上で少しでもお役に立てれば嬉しく思いますので、どうぞご活用ください。 Read more »

企業にとって必要不可欠となりつつあるビジュアルマッピングツールの役割と効果

マインドマッピングソフトウェアに関する情報を提供するブログ(The MindMapping Softweablog)から2010年の最新のユーザ調査レポートが公開されました。         MindMapping Software User Survey March 2010 2006年(4年前)にも同様の調査が行われており、随所にこの4年間の状況変化を示唆する結果が示されています。調査結果は、すべてグラフによって表現されていますので、英語が苦手な方でも十分概要を把握できると思います。 エグゼプティブサマリーによれば、マッピングソフトウェアによる生産性の向上率は10-20%が最も多く、ソフトウェア活用の最大の恩恵は「思考の明快さ」に加えて、「情報負荷の制御」、「関係性の視覚化」などが指摘され、80%の人たちがビジネス活動にとって(MicrosoftのOfficeツールに次ぎ)必要不可欠なツールと感じているようです。 その一方では、まだ左脳型の線形思考派による認識不足や理解不足がマッピングソフトウェアの幅広い利用や展開を阻む要因となっており、このあたりが今後の課題となるであろうとの見解を示しています。 今日は、どのような調査結果が本レポートで公開されているのかについて簡単に概略(エキス)をご紹介しておきましょう。 1.どのくらいに頻度でマッピングソフトウェアを利用しているか?   日常的に活用しているパワーユーザーが全体の43%を占めている 2.仕事で主に利用するマッピングソフトウェアは?   MindManager(51%)がダントツのトップで、他社製品(フリーソフトウェア含む)に大きく差をつけている   これもひとえに愛用者の皆様のおかげです。この場を借りてお礼申し上げます。 3.マッピングソフトウェアの主な利用目的は?   プロジェクト計画、ブレーンストーミング、ナレッジマネジメント、ToDo管理、プレゼンテーション準備、問題解決、ノート(記録)に主に利用されている。中でも、4年前との比較ではプロジェクト計画とブレーンストーミングの伸びが著しい。… Read more »

ビジュアルコラボレーション実践!コミュニケーション編-言語の壁をビジュアライゼーションで打ち破れ!

日常のビジネスシーンや業務にMindjet CatalystやMindManager8を効果的に役立てる方法をご紹介するビジュアルコラボレーション実践!本日は、いよいよ第四弾「コミュニケーション編」です。 大企業をはじめグローバルな組織やチームでコラボレーションを経験すればするほどやはり課題となるのは円滑なコミュニケーションです。恥ずかしながら私、外資系企業でお仕事をさせていただきながら英語が大の苦手です。もちろん、ソフトウェア企業に長年勤めてきましたので、専門用語やマニュアルの読解、業務上のメールのやりとりくらいならなんとかなります。 しかし、電話や会議で米国人とネイティブに会話となるとアウトです。とは言っても、仕事は高い品質でこなすのがプロというものですので、ここは知恵を絞ってビジュアルに解決する方法を考えてみましょう。 今日は、リリース前のソフトウェア製品の品質を事前に確認し、必要に応じて開発部(米国)の担当者に状況を報告、解決をはかっていくシーンを取り上げます。 こういった場合、通常は把握した問題ごとにメール(英語)で報告、必要に応じて再現手順や画面ショットを添付する方法が一般的かと思います。この時、問題となるのは、メールの受信者が言葉はもちろん、製品に関する知識やスキルまで同等のレベルでない限り情報は正しく伝わりにくいということです。結果的に、その確認のためのメールが何通も飛び交うことになり、状況は複雑さと混沌に包まれていきます。 こんな時は、Catalyst上にビジュアルなマップを共有することで、コミュニケーション上の複雑さを取り除くことができます。ビジュアルコミュニケーションは、「読んで理解する」コミュニケーションを「見て理解する」コミュニケーションへと変えることで、言葉の壁をぶち破ることができるのです。 以下に品質の検証者と開発担当者とのコラボレーション方法をご紹介しましょう。 1. 品質の検証者は、製品のコンセプトを理解しながら製品の機能構造をマッピングします。2. 不具合や疑問が生じた箇所のトピックには、問題トピックを追加します。3. 品質報告の凡例(Ledgend)を設定し、必要に応じてトピックに記号を付与します。4. 必要に応じて、ノートに詳細情報や再現手順、添付ファイルとして画面キャプチャを添付します。5. 開発者に、共有したマップと凡例を示し、確認と修正を要求するメールを送信します。* この時、マップや詳細情報、画像ファイルをメールに添付する必要はもはやありません。6. 開発者は、凡例にしたがってマップ上からすばやく問題となる情報へアクセス、状況を把握します。7. 必要に応じて、ノートにコメントを追記したり、修正を完了したらあらたに記号を変更します。8. 開発者からの修正報告に伴い、再度検証を実行し、品質の改善を確認します。 Catalyst上にあるマップは、常に最新状態が保持されているので、開発者、品質検証者はいつでも、どこからでも最新の情報を正しく、すばやく把握することができます。蓄積された個別で複数のやりとりメールの中から、製品全体の品質の最新状況を把握することがどれほど難しく、労力がかかることが想像してみてください。 常に地図(マップ)を見ながら、全体像と現在地を把握し、次の行動へと移ることができる-これがビジュアルコラボレーションの本質なのです。… Read more »

ブログの最新情報をすばやくマッピング!MindManagerの便利なニュースフィード機能

MindManager8は、自身の頭の中にあるアイディアや知識をすばやく洗い出し、整理するだけでなく、外部にある様々な情報をマップ上にすばやく取り込む方法も提供しています。そのひとつが、マップパーツの中にある「ニュースフィード機能」です。今日は本ブログを例にサイトの更新情報をニュースフィード機能を使ってマップに取り込む方法をご紹介しましょう。 まず最初に該当のブログのニュースフィード(RSS)のURLを調べます。本ブログのRSS-URLは、以下の通りです。 http://smart-catalyst.blogspot.com/feeds/posts/default?alt=rss 通常は、「このニュースを購読する」を実行すればニュースフィード機能を持つブラウザからすばやく情報にアクセスしたり、必要に応じて記事を並べ替えたり、検索することもできます。MindManager8を使えば、さらにこれらの情報をすばやくマップに取り込んで自由に編集することもできます。 1. MindManager8を起動し、新規にマップを作成します。2. 作業ウィンドウのマップパーツを選択して、マップパーツフォルダを右クリックします。3. メニューから、「ライブラリに新しいニュースフィードの追加」を実行します。4. 上記に示されるRSS-URLをコピー&ペーストして入力するとニュースフィード用のマップパーツが生成されます。5. 任意のトピックに該当のマップパーツをドラッグすると自動的に該当のブログから情報を取得し、マップのトピックとして展開できます。6. 各トピックには、投稿のテーマや投稿記事、記事参照のためのハイパーリンクが自動生成されます。 取り込まれた情報の全体像を俯瞰しながら、関心のあるトピックへダイレクトにアクセスできるので大変便利です。関心度の高いブログやサイトからすばやく情報をマッピングし、独自の視点で編集するれば意外な発見があるかもしれませんよ。MindManager(Pro7または8)を活用している方は、ぜひ一度お試しいただき新たな情報活用方法を模索してみてください。 Read more »

PMI認定コース!プロジェクトダッシュボードでプロジェクトの混沌を打破せよ!

本日は、昨日投稿した「プロジェクト」に関するテーマをさらに具現化していきましょう。 プロジェクトチームで地図(マップ)を共有するための具体的な方策として、「プロジェクトダッシュボード」をとりあげます。 プロジェクトダッシュボードとは、プロジェクトの全体像を1画面に統合できるビジュアルツールであり、MindManagerを使うことでより高度な実装とカスタマイズを行うことができます。プロジェクトに散在する様々な情報をプロセスに紐付けることによって誰でも、すばやく必要な情報へとアクセスできる環境を提供します。 プロジェクトダッシュボードを利用することで、ステークホルダーとのコミュニケーションを改善しながらプロジェクトに要する時間とコストを大幅に削減することができます。さらに、プロジェクトにおける以下の活動をより効率的に行なえます。 ■プロジェクトの成果物、連絡先、スコープ、プロジェクト計画書といった全てのプロジェクト情報にすばやくアクセスし、プロジェクトを適切にコントロールします。■プロジェクトダッシュボードからワードやパワーポイント形式にすばやく変換できるのでレポートやプレゼンテーション資料の準備が簡単に行えます。■プロジェクトダッシュボードを使えばオンラインでもオフラインでも簡単に会議を進めることができます。ブレインストーミングに加えて、進捗状況の確認や、タスクやリソースの割り当て を即座に行うことができます。■プロジェクトダッシュボードによって、顧客や経営幹部にプロジェクトの状況をすばやく簡潔に 報告できます。 プロジェクトダッシュボードは、世界で50万人以上いると言われるプロジェクトマネジメントの国際資格PMPを認定するPMI(Project Management Institute)が認定するコースであると同時にPMBOKに準拠しています。コース終了後10PDU獲得できます。 本コースの特徴は、日本語、英語のどちらでも学ぶことができることであり、グローバルチームのプロジェクト共通言語であるPMBOKに準拠した国際的なラーニングコンテンツです。このコースの開発者であり、指導者は、グローバルチームの豊富なプロジェクト経験と指導経験を持つウォーレン・アーバクル氏(フォーカスキューブ株式会社 代表)です。 MindManagerを使って「プロジェクトダッシュボード」を構成し、いかにプロジェクトをマネジメントできるのかについて関心のある方は、PMI認定コースの「MindManager for Projects」のサイトをぜひご覧ください。概要をわかりやすく解説したビデオがありますので、まずはそちらをご覧ください。 プロジェクトダッシュボードは、プロジェクトの混沌とした状況と日々格闘している最前線のプロジェクトマネージャにとって今後一層不可欠なスキルとなることでしょう。 “MindManager for Projects” presented By Warren Arbukle Read more »

ブログの弱点克服!?これぞマップに秘められたパワー

ブログを開設してから早2週間が過ぎようとしています。投稿数も15件となりました。毎日、様々な使い方やコンセプトをわかりやすくお伝えできればといろいろと工夫しているつもりですが、残念ながらブログには閲覧者が記事にアクセスする上で特有の課題があります。 それは、投稿記事のアーカイブにすばやくアクセスする手段が貧弱であるという点です。最新や最近の記事を閲覧することはたやすいのですが、膨大に蓄積されたアーカイブから読み手が関心のある記事にダイレクトにアクセスする方法が残念ながらないのです。カテゴリ分けされたテーマからプルダウンメニューで記事を選択する方法もありますが、あまり使い勝手がよいとは言えません。このブログの根本的なアクセスにおける弱点を克服するためにもマップが大いに役立ちます。 具体的に、本ブログをマッピングした例をご用意いたしましたので、あなたの知りたい箇所をクリックして見たい記事にアクセスしてみてください。 “情報アクセスの課題を克服するブログマップ” Presented By Mindjet Player Read more »

チームワークにおいてマップがもたらす価値の本質とは何か?

ビジュアルコラボレーションと一言でいってもなかなかその意味の本質は伝わりにくいかもしれません。そもそも私たちが現代社会において日々行っている「知識労働」というものの性質を理解することが大切です。今日はわかりやすくするために、オリエンテーリングを例に説明しましょう。オリエンテーリングとは、地図とコンパスを用いて、山野に設置されたポイント(コントロール)をスタートから指定された順序で通過し、ゴールまでの所要時間を競う野外スポーツの一種です。オリエンテーリングに参加するチームは、この「地図」と「コンパス」を頼りに目的地を一丸となって目指すわけですが、実は私たちの行っている「知識労働」には、「地図」も「コンパス」もありません。ここで気づかなければならないことは、この「地図」と「コンパス」らしきものを誰かが創らなければ、間違いなく道に迷い、行ったり来たりを繰り返し、最悪の場合は目的地に到達することができなくなってしまうことです。 地図(マップ)の本質は、チームでの活動や行動を適切に誘導しながら、目的地までのアクセスの時間をできる限り短縮することにあります。そのためには、全体像を明らかにし、それぞれの情報の位置関係を整理した上で、様々な学習を容易にできることが大切です。 身近な例で言うと、インターネット上にMindjetのWebサイトが存在します。各ページには様々な情報が掲載されていますが、通常すべての情報を読み手が必要とするかどうかはわかりません。ここで、適切に誘導することができない場合、読み手が探したい情報をあちこち探し回ることになりますが、それぞれの読み手に大変な負担をしいることになります。そこで、特定の目的をもったチームに対して共通な視点をもったマップを提供することができれば、情報へのアクセスは、劇的に改善され、すばやく目的とする情報へとたどりつくことができるわけです。この原理を、チームワークに適用し、チームで同じマップを共有しながら仕事を進めていきながら目的地へと辿り着く-これがまさにビジュアルコラボレーションの果たすべき本質と価値なのです。 “Mindjet CorporationのWebサイトマップ” Presented By Mindjet Player Read more »

これは便利!Mindjet Playerですばやくマップを配信・共有できる

MindManagerやMindjet Catalystを使ってアイディアや情報をマッピングしても、相手がソフトウェアを持っていなかったりメンバーでないと共有が難しい。そんな課題をスマートに解決してくれるのがCatalystやMindManager 8.1から実装された共有機能です。作成したマップをMindjet Playerファイルとして生成し、メールやブログ、Twitter等にリンクを配信することができるので、マップ情報も手軽に共有することができます。このブログでも積極的に活用しています。 配信した後に、さらにマップを共有したり、コピーをダウンロードしたり削除することができるので大変便利です。ぜひCatalystの試用期間中にお試しいただきたいお薦め機能です。 “MindManager8(8.1)役立つ新機能“ Presented by Mindjet Player Read more »

Mindjet Catalystが役立つビジネスシーンとは?

ビジュアルコラボレーションプラットフォームであるMindjet Catalystが役立つビジネスシーンには、大きく分けると「インフォメーション」、「コミュニケーション」、「コラボレーション」、「イノベーション」の4つの分野に分けられます。いずれも企業活動にとって不可欠なものばかりですね。ここで大切なことは、マインドマップを目的としてではなく、組織やプロジェクトチームの企業活動を改善するための戦略的な道具として効果的に活用するという視点です。 “Mindjet Catalyst ビジネス活用シーン” Presented By Mindjet Player Read more »

Start Your Trial Now