ぜひ、Lean Six Sigmaホワイトペーパーをダウンロードください!

ビジネスでのリモートワークを見直そう

ビジネスの世界において「リモート」とは「遠く離れた」という意味で一般的な誤解があるようです。伝統的な言葉ではそうなのですが、現代社会で私たちを取り巻く技術で、実際どのくらい離れているのでしょう。社員がニューヨークのハイビジョンウェブカメラを介してロンドンで会議に参加できる場合、彼は本当に「遠く離れている」でしょうか。いいえ、ただリモートで作業しているということでしょう。

ある程度私たちは皆、リモートで働いています。招待されたすべての会議に出席することは不可能なので、時にはダイヤルインする必要があります。オンラインバンキングを使用する場合でも、それはリモートワークのひとつの形態であり、それはあなたの地元の支店に入るよりもはるかに簡単です。しかし、リモートワークをうまく実行したいなら、考えておくべきいくつかの重要な事項があります。

柔軟性

リモートワークを考える際には柔軟性が重要です。私が出席する必要があるロンドン中心部で会議がある場合、仕事に出かけてからまたロンドン中心部に戻ってくることは必ずしも実用的ではありません。MindManager は、オフィスのデスクトップソフトウェアや自宅の iPad アプリを使用して、可能な限り生産性の高い方法で作業できるように柔軟に対応しており、作業時間を最大限に活用できます。

この柔軟性を持つことは、私をより生産的にするだけでなく、私がM25の交通渋滞に座っているよりも、自宅で電話に出て、電子メールに応答しているので、同僚を助けてくれるでしょう。

みんなにとって最適というわけではありません

リモートワークはすべての人にとって有効ではありません。マリッサ・メイヤーが最近、Yahoo 社員が自宅勤務を止めさせるという決定は、議論の余地があると考えられていたが、明らかに Yahoo の状況では適切であると考えられていました。リモートワークのポリシーが正しく使用されていない場合、プロセスやコミュニケーションに支障をきたしたり、さらに悪いことに、一部の従業員のみが優位に立つリスクが生じてしまいます。企業が成長しようとしているとき、これは逆効果になる可能性があります。

しかし、役に立つこともあります

最終的に、リモートワークのポリシーはビジネスによって異なります。一部の人にとってはうまくいかなくても、他の人にとっては生産性が高くなりますが、ほとんどの場合はその中間でしょう。リモートで作業するには、雇用主と従業員の間に信頼関係が必要ですが、その信頼は、最初にオフィスで働くことによって構築され、獲得することができます。

財政的にはリモートワークは賢明な考えのように思えます。YouGovの調査によると、自宅で働くことで企業を340億ポンド節約できることがわかりました。平均的なビジネスリーダーであれば、オフィス内の46のデスクが不要になる可能性があり、必要なスペースのサイズと使用される電力とリソースの量を劇的に削減する可能性があると見積もられています。文具や周辺機器のような小さなものでも重要になります。

ブレインストームと廊下ですれ違いざまの即興の会議は発想をもたらすこともありますが、他の場所でアイディアを見つけることは不可能ではなく、オフィスに限定すべきではありません。MindManager は、オフィスでノートパソコン、自宅のクラウド、または万里の長城でモバイルアプリを使用していても、共同作業とアイデア共有を容易にします。結局のところ発想はいろいろなところにあるのです。

この記事は、Redefining Remote Working for Business を翻訳しています。

今すぐトライアルを開始