MindManager 2019 for Windows の新機能

詳しくは

MindManagerでVisioのようにフローチャートを描く

フローチャート(流れ図)とは、各プロセス(工程)を 長方形、楕円形、ひし形などの図形で示し、矢印で図形と図形をつなぐことでコンピューターアルゴリズムやシステムを表現するものです。

フローチャートは、プロセスマップ、ビジネスプロセスマッピング、ビジネスプロセスモデリング表記法 (BPMN) やプロセスフロー図 (PFD) などの専門的な名称で使われることもあり、複雑なプロセスや計画、ブレーンストーミング、トラブルシューティングなどを見える化する手法のひとつとして、さまざまな分野で広く活用されています。

これまでこうしたフローチャートを描くためには、Microsoft Visioのような設計図やダイアグラムなどの作成を行うための専用のソフトウェアやExcelなどが使われてきました。

MindManagerでは、通常のマップに加え、こうしたフローチャートを描くことができます。

Visioで描いたワークフロー

MindManagerで描いたワークフロー


MindManagerでフローチャートを使用することで、複雑なプロセスのあらゆるステップを見える化することに加え、具体的なタスクに落としこむことができます。タスクは、ガントチャートで表示させることが出来ます。

MindManagerでフローチャートを作る場合は、「新規作成」から「フロチャート」を選択してください。

まだ、MindManagerをお試しになっていない方は、こちらからダウンロードしてご活用ください。


このブログを書いている人
小幡英司 MindManagerセールスエバンジェリスト
IT業界で20年の営業経験、5年の営業コンサルタント経験がある。2018年、MindManagerをコーレルが取り扱うことを機に入社。MindManagerを2004年から使用している古参ユーザーでもある。

今すぐトライアルを開始