MindManager 12 for Mac の新機能

詳しくは

マインドマネージャーですぐに使える、役に立つ、Maps for That!

MindManagerには、すぐに使えるテンプレートがたくさん用意されています。さらにコーレルでは、Maps for That!というマップ共有コミュニティサイトを運営しています。

まず、どのようなマップが登録されているか「Gallery」アイコンをクリックして一覧で見てみましょう。サイト内に保存されているマップがサムネイル形式で表示されます。

Maps for That!で登録されているカテゴリは、10個に分類されています。

Bussiness(仕事)
Education(教育)
Entertainment(エンターテインメント)
Events(イベント)
Life(生活)
Other(その他)
Productivty(生産性)
Reference(参照)
Travel(旅行)
Mindjet Templates(Mindjetのテンプレート)

 

自分の関心のありそうなマップを一つ一つ見ていくこともできますが、必要となるマップを探すために検索窓から関連しそうなキーワードを入力して検索しましょう。

例えば、あなたが何かプロジェクト関連で有用なマップを探している場合は、検索窓に「Project」と入力して検索してください。

Projectに関連のあるいくつかのマップが表示されます。ここから必要なマークをクリックしてダウンロードしてみてください。

※VIEW MAPでマップを見ることができますか。アドビのFLASH Playerのインストールが必要です。

ご覧いただくとわかりますが、このサイトは開始されて以来、あまり宣伝されてこなかったため日本語のマップがほとんど登録されいません。

英語圏では、こうした使える知識を共有するコミニティが活発で有志によってたくさんのマノウハウが公開されています。個人で持っているノウハウが無料で公開されているので使わない手はないと思います。

このマップをダウンロードして編集して、ご自分のノウハウとして体系化したり、カスタマイズして自分なりの解釈を加えたりと自由に使うことが出来ます。

今すぐトライアルを開始