MindManager 12 for Mac の新機能

詳しくは

かんばん方式を使ったアジャイルプロジェクト管理の歴史

アジャイルプロジェクト管理の現代的な慣習はどこから生まれたのでしょうか。

アジャイルプロジェクト管理についてのTEDの講演では、誰が誰から学んだかという話題に触れていますが (例えば、そのアイデアが2001年に定義されたアジャイルソフトウェア開発方法論に由来しているかどうか)、これらのアプローチの歴史のレビューは決定的でありません。

本当のポイントは、鶏と卵の起源と同様、議論するだけ無駄だということです。本当に重要なのは、機能する方法論をさまざまな分野にうまく適応させたり、エミュレートしたりする方法を観察することです。

アジャイルプロジェクト管理とかんばんの歴史的な使い方を見てみましょう。

第二次世界大戦中および戦後のかんばんプロジェクト管理

二十世紀の人事戦略の多くは、第二次世界大戦中の連合軍の戦闘を見聞したものであり、アメリカの実業家たちは、アメリカが日本を占領した後、アメリカの経営スタイルを学びました。

例えば、人事管理のセオリーZは、最終的にレーガン時代のマイクロマネジメントスタイルに取って代わりました。企業計画に関しては、米国の自動車メーカーは、トヨタの技術者、大野耐一氏のかんばん生産方式に大きな感銘を受けました。

海外では、トヨタのジャストインタイム生産システムを「かんばん」と呼んでいます。このシステムは、かんばんボードに掲示されたカードを使用し、一連の管理ルールに従って操作されるため、非常に視覚的です。興味深いことに、第二次世界大戦中のイギリスの軍用機工場はカンバンに似たシステムを使っていました。アジャイルプロジェクト管理とかんばんの歴史的な使い方を見てみましょう。

製造業におけるかんばんプロジェクト管理

かんばん管理システムは、当初は製造業を念頭に置いて実施されていたが21世紀には他の部門にも拡大していきました。アジャイルソフトウェア開発者は自然にかんばん方式を統合し、企業のプロジェクトマネージャはすぐにそれを取り入れました。現代の企業では、データの可視化を大量に採用することが重要であり、これはかんばん方式に完全に適合します。

かんばんによってアジャイルプロジェクト管理がどのように強化されるかを述べる前に、このシステムの原則を説明しましょう。

  1. 日々のワークフローは、コンテキストを表示するように視覚化する必要があります。これが「すべきこと」の側面です。
  2. 進行中の作業は、流れをできるだけ均等にするためにバランスをとらなければならない。プロジェクトによっては、チームまたは個人がいつタスクを完了し、マイルストーンに到達するかを見積もる必要があります。これが「実行」の側面です。
  3. ワークフローは、現在のタスクが完了した後で、チームと個人が次に重要なタスクに取り組めるように強化する必要があります。これが「完了した」の側面です。

上記に加えて、アジャイル方法論の一部としてかんばんを選択したプロジェクトマネージャは、改善が継続的な目標であることをチームメンバに伝えるべきです。つまり、タスクが完了したときにディスカッションによってワークフローをアップグレードできます。

かんばんプロジェクト管理の実践

予想されるように、かんばんは日本で頻繁に使用されています。それは彼らがその視覚的な構造とカラフルなカードに自然に魅了されているので、それは実際問題として学校の子供たちに教えられます。この早期導入のため、そしてかんばんプロジェクト管理は非常に直感的にワークフローを制御しているため、この方法はさまざまな業界のさまざまな機能に現れています。

予想されるように、日本ではカンバンが多用されています。視覚的な構造や色とりどりのカードに自然に惹かれるので、学校では子どもたちには当たり前のように教えられています。このように早い段階で採用されたことと、かんばんプロジェクト管理はワークフローをコントロールする上で非常に直感的であることから、この方法論は多くの異なる業界でさまざまなに活用されています。

いくつかの例を見てみましょう

例1:製造用かんばん

トヨタの工場では当初、カンバンは自動車部品に取り付けられる紙のカードで導入されました。例えば、1960年型のトヨタ 「カローラ」 を組み立てる元町工場の組立ラインの作業員を想像してください。カードには、必要に応じて、これらのバッグの入手方法や注文方法に関する情報も記載されています。

皇居

例2:群衆管理のためのかんばん

皇居では、ツアー客は、開始時にプラスチックカードが発行されます。かんばん方式で管理されていることを日本人は知っているかもしれませんが、カードの数が容量によって制限されているので、外国人は宮殿の警備員が訪問者の流れを制御していることを知らないでしょう。

例3:カンバンによるアジャイルソフトウェア管理

ある請負業者が、彼女のカスタム人事管理ソフトウェアに対する10の機能強化を探しているとしましょう。開発者は、60日以内に6つの機能強化を現実的に実現できると説明しています。合意すると、プロジェクトステージを表す5つの列と、それぞれの拡張を表す6つの行を使用して、かんばんボードが作成されます。5つの列はアジャイルプロジェクト管理から派生したもので、次のようにラベルが付けられています。

皇居では、観光客はツアーを始めると同時にプラスチックカードを発行されます。日本人はカンバンで管理されていることを知っているかも知れませんが、海外からの観光客はカードの枚数が容量によって制限され、皇宮護衛官が客の流れをコントロールしていることを知らないことでしょう。

次へ > 分析 > 開発> 受諾 > 提供

かんばんカードに対応する行アイテムが「受諾」になると、開発者はクライアントとミーティングを行って、機能拡張のデモを行います。改善のために反応を記録し、次のかんばんカードのために実装します。ワークフローが改善され、プロジェクトを合意された60日よりも早く進めることができれば、残りの4つの拡張機能をいつ提供できるかについて、別の現実的な話し合いを行うことができます。

プロジェクト管理に適したカンバンボードの選択

すべてのかんばん管理システムが掲示板を必要とするわけではありません。理論的には、彼らはカードさえ使わないかもしれません。プロジェクトマネージャは、信頼できるチームとミーティングを開き、視覚的な支援なしで簡単な割り当てを計画できます。実際、歩兵隊の分隊長は、戦術パトロールルートを実行するためにそのようなアプローチを選択することができます。リーダーがその場に留まろうとする場合は、カンバンボードを砂の上に描いておき、後で安全のために消去することができます。これらの例にもかかわらず、かんばんボードはアジャイルプロジェクト管理に組み込まれるべき有用なツールです。

かんばんプロジェクト管理
基本的に、かんばんボードは進行状況を示すカードを「固定」するために使用されます。すでに説明したように、列はステージを表し、カードは完了する実際の割当てまたは作業項目であり、ビジュアル・フローは左から右に移動します。たとえば、企業の人事チームが1週間以内に新しい面接と審査の方針を実施する任務を負っているとします。このプロジェクトを計画するための機敏な方法は次のようになります。

ミーティングとディスカッション > ポリシーを書く > 上長に届ける >> チームに伝達 > モニターと実行

人事チームの全メンバーがプロジェクトの1週間以内にオフィスにいることが予想される場合は、MindManagerなどのローカライズされたデジタルプラットフォームを使用してカンバンボードを作成できます。ただし、リモートチームのメンバーが参加する必要がある場合は、ビデオ会議セッションを開催して、MindManagerカンバンボードをすべての参加者と画面共有することができます。グループとして、役割、進捗状況、スケジュールについて話し合い、リアルタイムでかんばんボードを構築することができます。その後、MindManagerを通じてカンバン委員会を公開し、プロジェクト全体で使用するためにすべてのチームメンバーにリンクを送信できます。

プロジェクトに機密情報が含まれていたり、ポリシーの変更があってもチームに早期に漏れないようにするには、パスワード保護のカンバンボードを公開し、ロールベースのアクセスを制限してプライバシーを強化する認証情報を設定することをお勧めします。MindManagerなどのデジタルプロジェクト管理プラットフォームが防止に役立つ物理的なカンバンボードの潜在的な欠点は、機密情報を含むカードが紛失することです。

カンバンによる高度なアジャイルプロジェクト管理

非常に複雑なプロジェクトは、かんばんシステムを特徴とするアジャイルアプローチで管理することができます。繰り返しになりますが、より大規模なタスクに関連するプロジェクト・データの量と複雑さのために、デジタル・プロジェクト管理プラットフォームが好まれる場合があります。

プロジェクトに10枚以上のカンバンが含まれている場合、ホワイトボードにポストイットのメモを使用しているプロジェクトマネージャは、情報を失う危険性があります。これはデジタルかんばんシステムの問題ではありません。米空軍が物理的なカンバンやビニール袋を使っていることは2008年にも知られていたが、これは規律が職場を支配する軍事部門だからです。

最後に、かんばんのすべての原則がアジャイルプロジェクト管理と正確に関連しているわけではないことに注意してください。かんばんは一般的に規定された役割を好まず、速度のためにあらかじめ決める必要はありません。この目的のために、プロジェクトマネージャは、選択した方法論のどの側面をかんばんで可視化できるかをチェックする必要があります。

かんばん方式は、左から右へのカードの移動を妨げることがないため変更に対して非常にオープンであるのに対して、アジャイルプロジェクトは優先度のバッチを作り可能な限り早く完了するという点で優れています。

多くのワークチームが、かんばんプロジェクト管理に好意的な反応を示してきました。アジャイルプロジェクト管理については、一部のチームメンバーが他の方法論に慣れている可能性があるため、常に同じことが言えるとは限りません。これら2つの戦略をどのように組み合わせるかは企業文化によって常に決定されますが、デジタルかんばんボードが展開され、使いやすいカードでタスクがチームに提示されたときに摩擦が生じる可能性は低くなります。

この投稿は、A brief history of agile project management with Kanbanを日本語化したものです。
MindManagerは、こちらから30日間の無料トライアルが出来ます。

今すぐトライアルを開始