MindManager 12 for Mac の新機能

詳しくは

マインドマップを使って本を書く方法:パート2

「マインドマップを使って本を書く方法」 シリーズの第2弾です。これらの投稿は、Sean Mittonが最初の本The Goal That United Canadaを書くという野心的な目標をどのように達成したかを取り上げています。
前回の投稿はここにあります。


ゲストブロガー: Sean Mitton

すごいことに、今まで一度もやったことがない執筆をすることにしました。どうやれば、いいのでしょうか。何から始めたらいいのでしょうか?

まず、自分の考えをまとめるマインドマップを作成します。マインドマップの優れた点の1つは、はじめから完璧を目指すのではなく、アイデアを素早く生み出すことから始めることができることです。もう1つ私が気に入っているのは、複雑になりそうな考えを整理して、情報を管理しやすくすることです。

私はどうやって本の計画を立てたのでしょう? それでは始めましょう。

マインドマップを使用した本の概要戦略の作成

計画を立てるときに最初にしたことは、プロジェクトの主なカテゴリーを明らかにすることでした。

内容は次のとおりです。:

  • 目標
  • 物語や本のデザインや概要
  • ストーリーコレクション
  • 予算
  • 自己出版
  • 書籍のプロモーション
  • プロジェクト管理
  • プロジェクトに関係する他の人を特定

このブログ記事のために、以下に含まれるマインドマップの概要のいくつかのブランチを最小限にして、今後の記事で詳しく説明します。具体的には、プロジェクト管理、本のデザイン、概要と書籍のプロモーションなどのブランチを最小化します。

また、このプロセスでは、添付ファイルやメモ、他のマインドマップへのリンクなど、プロジェクト内のすべてのものを保存するための優れたリポジトリとして機能するものをたくさん含めました。

ここで、私が作成するマインドマップの大部分に適用する3つの概念について説明します。

(マインドマップの挿入)

コンセプト1:ブランチの重要性(無作為の思考)

  • ゴールでは、販売された本の量を意味する財務的な結果だけでなく、もっと考えることが重要だと思いました。モチベーションが高まると思います。
  • 最も柔軟性があったので、自費出版を選びました。オンデマンド印刷は、大量に購入する必要がないため、先行投資を削減できました。
  • 予算は、ほとんどアウトソーシングせずに、私の個人的なネットワークから多くの助けを得て、私のコストを認識し続けるのに役立った。
  • プロジェクト管理、ストーリーコレクション、本の概要、ブックプロモーションに関する今後の記事で、さらに詳しく説明します。
  • プロジェクトの途中で、新しいブランチがBook Promotionの下に追加されました。トロントのホッケー殿堂でこの本を出版する機会が得られました。これについては後で詳しく説明します。

「目的を念頭に置く」–Stephen Covey

私が準備する活動の大半は、プレゼンテーションであれ、会議であれ、記事であれ、重要なものであれ、まず目的や達成したいことについて考えます。この場合、私が売ることができる本の数以上でした。私は他の潜在的な利益について考えたかった。何か重要なことに投資するのであれば、特に1年以上かけて本を執筆するのであれば、誰もが強い 「理由」 が必要だと思います。

私にとっての利益は、単に金銭的な利益よりもはるかに大きいものでした。新たに身につけた知識やスキル、新たな人間関係や経験、得られるストーリーについて考えました。このプロジェクトは、私の家族や将来の世代と共有できるものであり、私はそれについて多くのことを考えました。私がそれを追求しなければ、将来後悔するという考えもありました。

私の考えでは、マインドマップを十分に作成すれば、時が経つにつれて全体的な思考が促進され、より良い質問をする能力が促進され、この場合はゴールブランチに適用されます。この演習では、MindManagerを使用して、接続されていない目標をすべて収集し、それらを1つのセンターに配置しました。

コンセプト3:チームとして働くことの重要性

映画 「オーシャンズ11」 を観たことがなければ、是非鑑賞してみてください。娯楽としての価値は別として、私が映画から得たことの1つは、適材適所が重要だということです。

この本のプロジェクトでは、自分が持っているスキルと、プロジェクトのニーズを満たす手助けをしてくれる知り合いについて考えました。マインドマップは、自分のニーズを明確にし、誰に頼ればサポートを受けられるかを記録するのに役立ちました。

私が必要としていたのは、メンター、スポーツ出版社、スポーツグラフィックデザイナー、PRの専門家、自費出版の専門家、編集者、ウェブデザイナーなどでした。こうした人たちのほとんどが私のネットワークにいたのは幸運だったし、私は自分のウェブサイト開発をアップワークにアウトソースすることにした。

本を書くプロセスの各ステップをマップ化することで、助けが必要なときにプロジェクトのポイントを示すことができました。これにより、事前に連絡する必要があるコネクションを予測できました。

コンセプト4:マインドマップは新しいアイデアや質問を発見するのに継続的に役立ちます

プロジェクトを通して、マインドマップを見直し、何か足りないことがあれば質問しました。私にとって最大の疑問は、どうすれば読者に最高の体験を提供できるかということでした。締め切り日が近づくにつれ、その答えが返ってきました。

マインドマップを使うことで、どのように答えを見つけることができるかについては、次回の記事で紹介します。

マインドマップが完成とゲームの始まり

Wordで概要戦略を作成していたら、自分の計画に自信を持てなかったと思います。思考があまりにも直線的で、制約があるので。

MindManagerは過去10年間、私の思考を形作るのに役立ってきました。次回の記事では、この本のプロジェクト管理計画と、MindManagerを活用してプロセスを進める方法について詳しく説明します。

本を書こうと考えているなら、MindManagerを使ってそれをマッピングすることを強くお勧めします。まだ入手していないのであれば、30日間の無料トライアルをお試しください。

ゲストブロガー:Sean Mittonについて

過去15年間で、Sean Mittonは起業家、著者、講演者、レポーター、Webデザイナーおよびコーチとして700以上のマインドマップを作成してきました。彼はCanadian Expat Networkを設立し、「The Goal That United Canada」という本を共著し、30以上のメディアでインタビューを受け、著名なスポーツ選手、芸能人、政治家、ビジネスなどのリーダーにインタビューしてきました。彼は大学、コミュニティカレッジカンファレンス、図書館、およびホッケーの殿堂で講演されています。2010年に、彼はノースカロライナで癌研究のための最初のTerry Fox Run for Cancer Research in North Carolinaを組織しました。彼は、これら全てにおいて、マインドマップを作成し、整理し続け、より創造的に、戦略的に、アイデアを簡素化してきました。このプロセスを通じて、彼はマインドマッピングで、より良い質問をすることで、より良い結果を達成できることを発見しました!

この投稿は、How to write a book using mind maps: Part 2を日本語化したものです。

今すぐトライアルを開始