MindManager 12 for Mac の新機能

詳しくは

プロジェクトマネジメントで使用するMindManager 2019とXMind 8 Proの比較

MindManager2019は強力で柔軟性に富んだツールであり、ユーザはこれまでにない方法でプロジェクトデータを視覚化することができます。以下に、XMind8Proにはないプロジェクト管理のためのMindManager2019のユニークな機能を五つご紹介します。

プロジェクト管理テンプレート

MindManager 2019には、プロジェクト管理で使用するために特別に設計された7つのテンプレートが含まれています。

  • プロジェクト憲章
  • プロジェクト管理
  • プロジェクトダッシュボード
  • プロジェクトプラン
  • プロジェクトのステータス
  • プロジェクトのスケジュール
  • ユースケースの図

さらに、MindManagerの高度な機能の多くは、そのプロジェクト管理テンプレートを補完するように設計されています。これには、プロパティ、ロールアップ、および計算を表示する機能、強力で柔軟なガントチャートなどが含まれます。

それとは対照的に、XMind8Proに付属しているテンプレートはどれも、ユーザーがプロジェクト管理を有利に進めるために特別に設計されたものではありません。そのため、ユーザーはXMind8Proのビジネス向けテンプレートをプロジェクト管理のニーズに合わせて調整する必要があります。

ダイアグラム作成機能

リリース以来、MindManagerには大量のダイアグラム作成機能が追加され、XMIND 8 Proユーザーでは使用できないビジネス情報をマップできるようになりました。

XMind 8 Proは、根本原因の分析と二軸比較を可能にするフィッシュボーン(特性要因図)ダイアグラムとマトリックスが用意されています。MindManager2019には、ユーザーがビジネスプロセスを管理し、マーケティングファネルを設計し、視覚的な形式でプロジェクトの予定表をレイアウトできるようにするための、八つの異なるタイプのビジネスダイアグラムを作成するオプションが用意されています。具体的には、MindManager2019のダイヤグラムテンプレートを使用して、次のものを作成できます。

  • タイムライン
  • ベン図
  • オニオンダイアグラム
  • ファンネル図
  • マトリックス図
  • かんばん
  • マトリックス図

さらに、MindManager2019にはDigital Architectも含まれており、より多くのダイアグラム作成機能を提供します。これにより、ユーザーは想像できるほぼすべてのタイプの図を作成できます。具体的に言うと、Digital Architectには、図を装飾し、ビジネス情報を視覚化する新しい方法を作成するための5種類のオブジェクトが用意されています。

  • シェイプ
  • 水平分割線と垂直分割線
  • イメージ
  • テキストボックス
  • スイムレーン

ユーザーは、これらのオブジェクトを図に配置した後、位置をロックして要素を編集できないようにすることができます。

フィルタリングは、XMind 8 ProとMindManager2019のもう一つの違いです。XMind8Proでは、ユーザはアイコン、トピックラベル、タスクを割り当てたユーザに基づいてマップのコンテンツをフィルタリングすることができますが、MindManagerのPower Filterでは、以下に基づいて、6種類の要素に基づいてフィルタリングすることができます。

  • アイコン
  • タスクデータ
  • トピックスタイル
  • レビューアのコメント
  • 添付ファイル、リンク、メモなどのトピック要素
  • トピックのプロパティ

また、MindManagerの強力な検索、条件付き書式、計算などのツールを使用して、図を静的な図から対話型の図に変換することもできます。この機能を使用して、戦略を推進し、コミュニケーションを取りたいキーポイントを明確にし、チームを調整することができます。

ガントチャート機能

XMind 8 Proに含まれるGanttテンプレートでは、データの操作をサイドバイサイドのデータテーブルと横棒グラフに制限しています。対照的に、MindManager2019のガントビューでは、ユーザはより多くの方法でデータを操作することができる。右クリックコマンドを使用すると、新しいタスクの兄弟タスク、サブタスクタスク、先行タスク、および後続タスクを簡単に挿入したり、プロジェクトスケジュールから余裕期間を削除したり、プロジェクト全体を前または後の日付範囲に移動したりできます。また、グラフにトピックフィルタを適用したり、クリティカルパスを視覚化したり、非稼働時間に影を付けたりして、データを見やすくすることもできます。

MindManager 2019 Enterpriseには、オーバーブッキングされたリソースを特定したり、週末や非稼働日を強調表示したりする機能など、さらに強力な機能が追加されています。

優先度ビューとカンバン・ビュー

MindManager2019では、優先度ビューを使用して、一連の垂直スイムレーン内でマインドマップのトピックを表示できます。各レーンは、優先度やトピック・アイコンなどの異なるプロパティを表すことができます。このビューの左端にある「未分類」列から適切な列にトピックをドラッグ・アンド・ドロップできます。このシンプルで直感的な操作により、多くのトピックをすばやく分類して整理できます。マップビューに戻ると、各トピックに割り当てられているアイコンと優先順位が一緒に表示されます。

かんばんビューは、MindManagerの優先度ビューの特殊なアプリケーションです。ユーザーは、ビジネス・プロセスを表すカスタマイズ可能な列形式でタスクを表示できます。かんばんビューは高度にカスタマイズ可能で、タスクのステータスと次のステップの両方を視覚化することができます。また、プロセスのボトルネックを容易に特定し、段階的に改善できます。

XMind 8 Proには、マップデータを分類して整理するためのスイムレーンビューの同等の機能が用意されていません。

SmartRules

MindManager2019では、SmartRulesは次世代の条件付き書式を表します。これにより、ユーザーはプロセスを強化し、対話型の図を作成できます。SmartRulesは、個々のオブジェクトまたはトピック、選択したブランチまたは完全なダイアグラムに適用できます。これらは一連のトリガーに基づいており、トピックのルック・アンド・フィールだけでなく、含まれるデータにも自動的に変更をトリガーすることができます。

XMind 8 Proでは、どのような種類の条件付き書式設定もできません。。

プロジェクト管理のためにMindManagerを今すぐお試しください

まだ、MindManagerをお試しになっていない方は、こちらからダウンロードしてご活用ください。

この投稿は、Comparing MindManager 2019 and XMind 8 Pro for use in Project Managementを日本語化したものです。

今すぐトライアルを開始