MindManager 12 for Mac の新機能

詳しくは

マインドマップを使って本を書く方法: パート4 – 物語を集め読書体験を計画する

これは、マインドマップを使用して本を書く方法のシリーズの4番目の投稿です。この記事は、ショーン・ミットンが最初の本を書くという野心的な目標を達成した経緯を特集しています。

他の関連記事は下記の通りです:

マインドマップを使って本を書く方法: パート1
マインドマップを使って本を書く方法: パート 2-戦略
マインドマップを使って本を書く方法: パート 3-プロジェクト管理

ゲストブロガー:ショーン・ミットン

質問させてください。1972年ポール・ヘンダーソンがロシアに対する勝利の目標を獲得したとき、どこにいて何を感じ取ったか、カナダの団塊世代から200の物語を集めるために約10ヶ月の期間があり、それらの物語を書籍というコンテンツに変える必要があります。

どのように対処するでしょうか?

The Goal That United Canada この問題を解決するために一連のアイデアをマップに「見える化」する方法を紹介する前に、物語のコレクションについて2つの懸念があったことをお伝えします。

  • まず、約40年前に起こったことを何人が覚えているでしょうか?
  • つぎに、すべての物語が同じように聞こえたとしたら?

良いニュースは、70% の方がその運命のゲームの明確な思い出を持っており、期待していたよりも物語により多様性があったということです。

しかし、その点を把握するには、ストーリーのパラメータ、インタビューをどのように収集するのか、そしてどのようにして本の中に構成するのかをマップする必要がありました。この投稿では、そのプロセスと MindManager がどのように図解されるかを確認します。

ストーリーパラメータのマッピング

インタビューの収集戦略を立案する前に、さまざまなストーリーを収集するための次のようないくつかのパラメータと目標を作成したいと考えました。

  • カナダ人の団塊の世代を見つける (1972年 で生きている)。
  • カナダの各州からの代表を見つける (10の州、および2つの準州があります)。
  • 可能であれば、男性と女性の間の合理的なバランスを見つけます。
  • スポーツ、エンターテイメント、メディア、政治などのさまざまな分野で著名なカナダの有名人との接続。

人気が出たり著名になる前からな注目をあつめていたカナダ人のアイディアが気に入っていました。いくつかの例には、Peter Mansbridge (有名な CBC ニュース放送局アナウンサー)、Blue Rodeo (カナダのロックバンド)、および Glenn Howard  (オリンピック カーリング選手) のメンバーが含まれていました。いくつかのケースでは、’ 72 サミットシリーズのようなイベントは、国とその将来のキャリアの彼らの見解を形作る助けになりました。

私がマインドマップについて非常に好きなことのひとつは、プロセスがより良い質問をするのに役立ち、回答間の関係を描くことができることです。これは、より良いインタビューをもたらすだけでなく、それらのより良い解釈にもつながります。MindManager では、面接のアイデアや質問をすばやく簡単に収集できるため、200のインタビューを収集するプロセス全体の効率が向上します。

物語の収集

自分の要件をマッピングした後、どの戦略が最良の結果をもたらすかを知らなかったため、インタビューを受けたり、彼らの話を集めるために取るべきアプローチを、多様化させる必要があることに気付きました。

インタビューを受ける人とのつながりのために使用されるプラットフォームは下記のようなものでした:

  • 私のウェブサイト
  • イベント (すなわちスノーバード会議)。
  • ソーシャルメディア;
  • メディアを通じたインタビュー。
  • メールリスト
  • 私の個人的なネットワーク

以下は、私がこれらのアイデアを収集するために使用したマップのスクリーンショットで、それぞれに展開しています。

 

Sean Mitton - Post 4 - Story Collection Map
これらの物語を収集してレビューしたところ、次の3つのカテゴリに分類できました。

  • カテゴリ A = 本にふさわしい
  • カテゴリ B = 選択可能
  • カテゴリ C = カット

私がふさわしいと思った物語は、後で出版するために再び編集されることでしょう。良いことは、私はこのプロセスを経て、私は1972年の目標に到達するために収集する必要がある物語を定期的に見ることができるということでした。このアプローチは非常にうまくいき、ストーリーを集める過程で、チケットの半券、ポスター、パック、ゲームの写真など、本で使用できるいくつかのエキストラも受け取りました。

このストーリーのテキストと画像をすべて管理するために、マインドマップのサブトピックを使用してさまざまな web サイトや Word 文書などにリンクし、豊富なコンテンツを管理しやすくしています。

プロジェクトのこのフェーズを終えた後 (そして私のマインドマップを振り返って)、私はイベント、ネットワーキング、紹介を通してストーリーの高い割合を集めていたことに気付きました。次回のためになりそうです。

マインドマップを使用した読書体験のブレーンストーミング

このプロセスを通じて、読者の経験は常に私の心の中にありました。マインドマッピングは私の本の資産をすべて手元に置いておくのに最適な方法であり、材料をどのように整理したいかを継続的に考えることができます。「より良い読書体験を提供するにはどうすればよいか?」

本を読むとき、読書体験について考えたことがあるでしょうか。その本に引き込まれましたか? そうであれば、どのように構成されていましたか? これらは私が自問した質問です。

この目標を達成するために、私はこれらのセクションが優れた読者体験を作成するために本に含める必要があると結論付けました。

  • 目次
  • 序文
  • 導入
  • 確認
  • 1972年のチームメンバー
  • ゲームとスコアリングの結果
  • 郷愁
  • 1972年カナダの物語
  • 写真
  • その他のカナダ以外の物語
  • 著者について

マインドマップ内のコンテンツを調べていたときに思いいたアイディアは一度私のは、ホッケーゲームのような本のレイアウトを作成することでした。つまり、休憩時間の間に3つの試合 (および延長戦) があります。

物語は、2つの休憩時間を表す写真で、3つの期間に分割されます。私が本当に気に入った3つのストーリーは、「延長線」カテゴリに分類されます。その中には、アメリカの役人、ロシアの床屋、そしてバンクーバー2010五輪の間のカナダの延長戦で、シドニー・クロスビーが金メダルを獲得した時の話 (もうひとつの国の誇りの瞬間)です。

ここに、読書体験を計画するために使用したマインドマップのスクリーンショットを掲載します。

Sean Mitton - Post 4 -Book Layout

追記ですが、出版社を探すための十分な時間がなかったので、私は自己出版の道を選びました。私は、それぞれの選択肢の賛否両論をマップし、私が住んでいるノースカロライナ州ローリーに便利に位置していたルルを選択しました。

次の (そして最後の) 記事では、MindManager がトロントのアイスホッケー殿堂のメディアツアーとスピーカーのパネルの暗記を準備し、改善するのにどのように役立ったかを紹介します。

熟読ありがとうございました。


ショーン・ミットンについて

過去15年間、ショーン・ミットンは、起業家、作家、スピーカー、レポーター、ウェブデザイナー、コーチとして700以上のマインドマップを作成しました。彼はカナダ人の駐在員ネットワークを設立し、本を共同執筆した「The Goal That United Canada」は、30以上のメディア・アウトレットにインタビューされ、著名な運動選手、芸能人、政治家、ビジネスリーダーにインタビューを行いました。彼は大学、コミュニティ・カレッジ会議、図書館、アイスホッケーの殿堂で話されています。2010年、ノースカロライナ州のがん研究に初のテリー・フォックス・ランを開催しました。すべてのステップで、整理し、より創造的、戦略的で、アイデアを簡素化するためにマインドマップを作成しました。このプロセスを通じて、彼はマインドマッピングを通じてより良い質問をすることで、より良い結果を達成することができることを見出しました!


この投稿は、How to write a book using mind maps: Part 4 – Collecting stories and planning the book experience を日本語化したものです。

今すぐトライアルを開始