MindManager 2020 の新機能

詳しくは

マインドマップを使って本を書く方法: パート 5-メディアインタビューとプレゼンテーション

これは、マインドマップを使用して本を書く方法のシリーズの5番目であり最後の投稿です。この記事は、ショーン・ミットンが最初の本を書くという野心的な目標を達成した経緯を特集しています。

他の4つの関連記事があります。


The Goal That United Canadaゲストブロガー:ショーン・ミットン

MindManager を使用して「The Goal That United Canada」という本を作成する方法について説明していますが、このシリーズの5番目で最後のブログ記事では、メディアツアーとトロントの「ホッケーの殿堂」にある本のスピーカーパネルにマインドマッピングを使用した方法についてお話します。スピーカーパネルは、ポール・ヘンダーソンの有名なゴール「72年サミット・シリーズ」の40周年を記念して行われたものです。

このプロジェクト全体でマインドマップをどのように使用したかについては、次の MindManager のブログ記事を再検討できます。

まず、MindManager がメディアブックツアーの計画と準備にどのように役立ったかについて説明します。

メディアツアーインタビュー準備

ほとんどの人は、生活のある時点でインタビュアーであったり、インタビューを受けたことがあるはずです。おそらくメディアインタビューはないかもしれませんが就職の面接なら経験があることでしょう。ただマインドマップを使ってインタビューを準備したことがある人はどのくらいいるでしょうか。まだしていなければ、面接準備のための効果的な方法で理由がわかるでしょう。

準備をすればするほど自信が持てるようになります。そうすることで最終的により良い結果が得られます。当たり前ですが準備は成功への鍵です。

本の発表のために、私は20以上の異なるメディアにインタビューを受けました。テレビやラジオから出版物からブログまで、多様なプラットフォームがありました。私は、CBC National、Breakfast TV、Siirus XM NHL Home Ice や Post Media など有名な媒体にインタビューを受けた事が幸いでした。これら総て、カナダ全土に多くの聴衆がいるからです。

これらのインタビューの準備として、さまざまなシナリオの準備に役立つメディアインタビューマインドマップテンプレートを作成しました。このため、特定の面接で私を油断させるような質問はひとつもありませんでした。マイマインドマップテンプレートとコンテンツは、私が自信を持って質問の多様なセットをナビゲートするのに役立ちました。

説明するために、メディアツアーマインドマップに含まれていたキーブランチは次のとおりです。

  • メディアの種類
  • 観客
    インタビュー時間
  • 質問の種類
  • プロジェクト/書籍の概要
  • 物語の例

私のマインドマップはこのようなものでした。

Sean Mitton - Post 5 - Media Interviews Map

私は過去に他のメディアのインタビューでこのタイプのテンプレートを使用してきただけでなく、私が行ったインタビューでも使用してきました。インタビューの質問、シナリオ、トピックを視覚的なマインドマップに整理するのは、特定の会話の準備をする最も効果的な方法だと思います。就職の際のインタビューでこれを応用することができます!

ホッケーの殿堂でのパネルディスカッション

私は常にマインドマップが記憶の読み出しを改善するのに役立つと信じてきました。この書籍の発売開始のため、トロントのホッケーの殿堂で私は思いがけずその場に置かれたので、私はこの理論をテストせざるを得ませんでした。これについては後ほど詳しく説明しますが、ライブで高度な会話に備えるために、どのようにマインドマップを使用したがを共有したいと思います。

パネルディスカッションは、はるかにインタラクティブであるということで、プレゼンテーションとは少し異なります。プレゼンテーションの準備をするときは、聴衆、私が提供するコンテンツ、プレゼンテーションの後に聴衆が何を思い出すか、そして話の全体的な流れについて考えます。

Sean Mitton - Post 5 - HHOF Speakers Panel Mapこのバネルディスカッションでは5人のユニークなパネリストがいました:

  • ボブ・コール、カナダの Hocky Night の伝説的なカラーコメンテーター、および CBC ラジオでヘンダーソンの有名なゴールを叫んだアナウンサー
  • ブライアン・マクファーレン、カナダの Hocky Night のための長年の放送者
  • スティーブ・ダウリング、シリーズの審判員
  • ロシアのサミットシリーズに出席したカナダ人紳士
  • 試合の勝利のゴールからホッケースティックを与えられた息子

感触という点では、バーで話している5人の男のように、記憶に残る8つのゲームシリーズの話を絡み合えたいと思っていました。私はその晩のクライマックスが、聴衆が長い間聞いていなかったボブ・コールからゴールのコールが発声したときにしたかったのです。しっかりとした準備のおかげで、パネルは非常にスムーズに行き私たちが望んでいたインパクトを届けることができました。

さて、私が記憶のテストをどのように行ったか、そしてマインドマップがどのように私を助けてくれたのかという話に戻ります。

パネルの準備では、私は一時間のプレゼンテーションに付け加え、私のパネリストに尋ねるすべての質問を思い出せるようにカンペを用意するつもりでした。そのために夕方の早い時間を割り当てていたものの、残念ながらそれは計画外のメディアのインタビューによってできませんでした。私はノートなしでプレゼンテーションをやりきることになりました。あるのは作成したマインドマップの記憶だけです。

幸いなことに、私は頭の中でマインドマップの枝を視覚化することができ、パネリストへの質問と順序を思い出すことに問題はありませんでした。つまり私がテストし (証明され)たことは、控えめに言っても、プレッシャーのかかった状況でも記憶を思い出すことを支援してくれるということです。私はマインドマップが情報を整理するのに役立つ視覚的な方法であり、あなたの思考を整理し、それらを最も必要とするときを思い出すのに非常に重要であると信じています。

このブログシリーズの結論

最後に、これは私にとって一生のプロジェクトと書籍でした。マインドマップを使わなければ、これを成し遂げられなかったことでしょう。MindManager は優れた使いやすいプラットフォームで、書籍の執筆とプロモーションプロセス全体を通して、計画、作成、整理、および記憶に役立っています。このプログシリーズで、マインドマップを使って本を書く方法や、その途中のあらゆる段階でどう役立つかについて洞察が得られることを願っています。

退席する前に、ホッケーの殿堂でパネルディスカッションのビデオを見ることをお勧めしておきます。

ありがとうございました。


ショーン・ミットンについて

過去15年間、ショーン・ミットンは、起業家、作家、スピーカー、レポーター、ウェブデザイナー、コーチとして700以上のマインドマップを作成しました。彼はカナダ人の駐在員ネットワークを設立し、本を共同執筆した「The Goal That United Canada」は、30以上のメディアにインタビューされ、著名な運動選手、芸能人、政治家、ビジネスリーダーにインタビューを行いました。彼は大学、コミュニティ・カレッジ会議、図書館、アイスホッケーの殿堂で話されています。2010年、ノースカロライナ州のがん研究に初のテリー・フォックス・ランを開催しました。すべてのステップで、整理し、より創造的、戦略的で、アイデアを簡素化するためにマインドマップを作成しました。このプロセスを通じて、彼はマインドマッピングを通じてより良い質問をすることで、より良い結果を達成することができることを見出しました!


この投稿は、この投稿は、How to write a book using mind maps: Part 5 – Media interviews and presentations を日本語化したものです

今すぐトライアルを開始