MindManager 2020 の新機能

詳しくは

すぐに取り入れるべき10の新人研修ベストプラクティス

先週、企業の目標達成には「見える化」された新人研修が重要な理由では、従業員の新人研修の利点と、ビジネスが成長するのに役立つさまざまな部分についてお話しました。今回はこれらのメリットを享受するのに役立つ 10 の新人研修のベストプラクティスを紹介します。

新人研修のベストプラクティス

あなたの会社でも取り入れるべき新人研修10のベストプラクティスは次の通りです。

1. プログラムについて会社幹部の協力を得る

幹部を含む会社全体が従業員の新人研修の重要性を理解し受け入れていれば、効果的なプログラムを設定して実行するために必要な時間とリソースを確保できる可能性が高くなります。

2. 公式な社内プログラムにする

正式な会社プログラムとして開発され、ステップ バイ ステップのプロセスに文書化され、すべての必要な資料やリソースが一ヶ所にそろっていると新人研修プログラムが最も効果的に働きます。

無料の電子書籍をダウンロードし、既成の新人研修マップテンプレートにアクセスし、作成に役立てることができます。

3. 新入社員が4つのPに精通するように支援する

場所(Place)、プロジェクト(Project)、プロセス(Procress)、パートナー(Partner)の4つのPは、新入社員が知る必要のある知識の四本柱です。新人研修マップには、従業員が行くべき場所、取り組むプロジェクト、従うべき会社のプロセス、および一緒に働く人を含めます。

4. 事前資料を早めに送付して新人研修を開始する

新入社員は緊張するものですが、初日は開始日の1週間前に事前資料を送付しておればストレスを軽減することができます。

事前資料の内容は次のものがあります。

  • 個人的な歓迎の手紙
  • 初日のスケジュール
  • 手当や特典
  • すべてのチームミーティングを記載した週間スケジュール
  • 担当するプロジェクト
  • チームメイトの名前と写真
  • 連絡先リスト
  • 会社付近の地図(公園、カフェやランチスポット、駐車場や公共交通機関のルート)
  • オフィスフロアの地図(トイレ、給湯室、非常口、デスクの場所などを記載)

5. 新入社員の情報を入社前にチームに伝える

新しい従業員をチームに話し合います。新入社員の業績、長所、経験、チーム全体の目標達成にどのように役立つかについて話します。(しかし、それはプロの嫉妬の種を植え付けないように、しかし、船外に行かないように注意してください。信頼できるメンターまたは仲間を新入社員に割り当て、質問に答え、必要に応じて表示します。

6. 準備を整える

新入社員に対して、必要なものがすべて利用できる状態でデスクにそろっていれば、初日の良い第一印象を受けます。ノートパソコン、ソフトウェア、電子メール、電話が完全に整っていることを確認し、使用法を順を追って説明するように、事前に IT 部門に問い合わせてください。遊び心のあるコーヒーマグカップや会社のロゴ入った記念品をワークスペースに置き歓迎します。従業員ハンドブックや地図など、参照する必要がある資料も用意します。

7. 電子メールの連絡先リスト、会議出席の招待、社内コミュニケーションに新入社員を追加する

これは当たり前のように思えるかもしれませんが、この小さなことは見落とされがちです。開始の前日に連絡先リストに追加します。

8. ブランチや昼食を一緒にする

 

新入社員は到着後、人事部に書類を記入しトレーニングを行う予定です。これにかかる時間にもよりますが、全員が新しい従業員を知ることができるように、チーム ブランチまたはランチをスケジュールしてください。先輩や同僚をメンターとして割り当て新入社員の横に座らせ、グループでの会話を始めるきっかけづくりをしてください。

9. 効果的な新人研修には最長で1年間かかることに注意する

最初の一日たとえ最初の一ヶ月であっても新人研修を詰め込もうとすると失敗します。実際、過度の情報は新人の会社に対する印象を損なう可能性があります。その代わり、最初の一週間は新入社員に毎日会って状況を確認し、そして、毎週、最終的に毎月会って、新人研修プロセスを続けていく計画を立てます。多くのベストプラクティス企業では、30日、60日、90日で新入社員との半日のミーティングを行い、新入社員による学習、進捗状況、質問、および必要なトレーニング要件をプレゼンテーションします。

10. 時代の移り変わりと共に、新人研修プログラムも変更していく

少なくとも年に 一 回は新人研修プログラムを確認し、新しいベスト プラクティスをプログラムに再度マップします。変化するトレンドや人口動態も最新動向をおさえましょう。たとえば、Z世代と呼ばれる世代は、同僚やリーダーとのより個人的なやり取りを望んでおり、これらの世代の新人研修は多少の変更を加える必要があります。

これら新人研修のベストプラク

ティスを実行に

MindManager のような視覚化ソフトウェアは反復可能なプロセスを策定するのに有用で、チームリーダーとして多くの時間を節約するだけでなく、あなたのチームの新入社員に一貫した質の高い新人研修体験を提供することを確かにします。

MindManager を使用して新人研修プログラムを計画する準備ができたら、無料の電子書籍をダウンロードすることをお勧めします。それには、すぐに使用でき、計画を開始するのに役立つ新人研修テンプレートがあります。

MindManagerは無料でお試しいただけます

MindManager をまだ手に入れておらず、新人研修プログラムにどのように役立つか興味がある場合は、30日間の無料トライアルをご利用いただけます。

この投稿は、10 onboarding best practices to implement immediately を日本語化したものです。

今すぐトライアルを開始