MindManager 2020 の新機能

詳しくは

マインドマップならより良い学習を素早く行えます

少し前、ある友人が毎晩の学校の宿題がいつも緊張と涙、かんしゃくで終わるといっていました。夏休みは同じ状況の多くの家族の救済になるかも知れないですが、すぐに新学期がやってきます。

Better Sleep Council(より良い睡眠評議会)による最近の研究によると、欲求不満とストレスで夜に目を覚まし続けているティーンエイジャーは、私の友人家族だけではないことがわかりますいじめ(15%)、親の期待(45%)、自尊心(51%)など、通常考えられる要因を押しのけて最も高いランクを付けたストレスが宿題(74%)でした。

ストレスは脳を戦闘モードに加速し、こうなると学習または無関係な情報を思い出すことはほとんど不可能になり、良いことではありません。就職面接や試験中にストレスを感じ、答えを知っているはずの質問に「頭が真っ白」になったことはありませんか。この現象を自分で経験したということです。

結果は私の目を覚ましてくれました

元非常勤の大学教授で、私自身2人の学校に通う子どもたちの母親として、教育には長い間興味を持っていました。それはほとんどの人のためです。事実上すべての国が教育を社会の最も重要な柱のひとつとして重視しており、幼稚園から高校3年生まで、カナダでは現在学生一人当たり15万ドル以上を費やしています。

それは将来への大きな投資です。だから、Better Sleep Councilの研究を見て私は疑問に思いました:どのようにこのストレスを軽減することができるでしょうか? そして、同様に重要なこととして、学生や大人の学習を助けるベストプラクティスは何のでしょうか?

科学者は脳が実際に学ぶ方法を見つけ出していて、教授法も変ってきています

Brain Image - Broca's Area and Wernicke's area
幸いなことに、学習に関しては、私たちは興味深い時代に生きています。科学者たちは、脳が教え込む瞬間に実際にどのように機能するか示す画期的な研究を行っています。

私が特に魅力的だとわかったひとつの研究は、ブローカ野ウェルニッケ野と呼ばれる脳の2つの領域です。一言で言えば、これらの領域は言語の処理を担当します。数学の問題を解決する方法の直線的な説明など、自然界で有益な単語を読んだり聞いたりすると、ブロカ野とウェルニッケ野(スキャン中)が点灯し、単語を意味に変換しながら活動を示します。

しかし、教授法がストーリー形式に変わり、おそらく応用数学の歴史、それがどのように使用されるか、そしてそれについての興味深い逸話に関する詳細を追加すると、脳の他の部分も点灯し、脳全体がより完全であることを意味します。単にプロセスのステップを暗記するのではなく、学習とつながりを作ることに従事しています。

教員と保護者がマインドマップを重要な教育ツールとして使用する2つのスマートな方法

私が最初にマインドマップの技法で、ユーザーが詳細を追加し、全体像を見て、アイデア間の接続する(そして最終的には脳のより多くの部分が学習に従事するようになる)方法を知ったとき、教鞭の便利なツールになるだろうと思いました。実際に生徒に教えるだけでなく、教師が通常経験する仕事の山を整理し、計画するためにも。多くの教師が最初に自分の生活を容易にするために、そして第二に学生が学ぶのを助けるためにマインドマップソフトウェアを使用しています。

教え方を楽にする

整理:学年カレンダー、レッスンプラン、クラスカリキュラム、学生の評価、書き込みされたノートをすべてをひとつの場所に整理します。

計画:教室のレイアウト変更の必要がありますか? レッスンプランを作成しますか? 遠足や研究授業を計画しますか? マインドマップは、詳細をすべてカバーしていることを確認するのに役立ちます。

同僚、保護者、ボランティアとのコラボレーション:連絡先を収集し、会議をスケジュールし、議題と目標を作成し、進捗状況とマイルストーンを一ヶ所で追跡します。

より良い授業計画とプレゼンテーションを作成:マインドマップを使用すると、授業計画やプレゼンテーションを「大局的」な形式で表示できるだけでなく、簡単に詳細を追加して移動できるため、プロセス全体がより迅速かつ簡単になります。

より良いノートや教材を作成:昔ながらの黒板とは異なり、授業中に作成されたオンラインマインドマップは、学生や保護者に印刷または電子的に共有することができます。

学生が学ぶのに役立つベスト プラクティス

理解:マインドマップは前述の通り学習環境の多くの要素を活かす科学的な「ベストプラクティス」です。より詳細を追加したり、関係や階層を見たり、複数のアイデア間をつないだりでき、単に上から下へ情報を読むのとは異なります。

問題解決:マインドマップなら全体像を見ることできます。さらに不必要なほどの詳細情報だって含めることもできます。同時に問題は(またプロジェクトでも)、理解可能なサイズの詳細に分割することができます。

表現: クラスディスカッションに参加する際にマインドマップを作成すると、すべてのディスカッションポイントを取り込みし、それらを分類し、移動し、ポイント間のつながりを引き出し、学生がトピックに対する側面と異なるニュアンスをより完全に理解するのに役立ちます。

創造性:マインドマップ作成自体が創造的なプロセスです。しかし、大量のランダムで切断されたアイデアを生成するアプローチとは異なり、マインドマップはアイデアを展開、分類、移動するのに役立ち、より洗練された効果的なブレーンストーミングを実現します。

記憶と呼び起こし:マインドマップは、記憶(写真記憶を含む)を改善し、情報を色や形で重要なセクションに分類することで、ランダムな事実の羅列ではなく、詳細と関連性を理解するのに役立ちます。

より良い取り組み:自分のプロジェクトにマインドマップを使用する方法を学生に教えることは、学習が容易になるため、プロセスを整理し、時間をスケジュールし、新しいアイデアを考え出したり、つながりを作ったり、興味のある分野でより深く掘り下げることで学んだ教訓を強化するのに役立ちます。

私自身の実験:マインドマップでウィリアムの読書レポートの成績がどうなるか

私は今年の4月、私の10歳の5年生の息子ウィリアムが、ローレン・ターシスによって書かれた I Survived the Children’s Blizzard, 1888に関するレポートを行う必要があり、教育ツールとしてマインドマップを使用する実験してみることにしました。これは、アメリカ史上最悪の吹雪の中を生き延びた11歳の少年の物語です。

ウィリアムにプロジェクトについて話してもらった時、彼は本の冒頭から始まり、物語の最後に着くまで時系列的に出来事を説明して、直線的に何が書かれていたのかを教えてくれました。それは私にとって下地になりました。- それがマインドマップになり詳細情報や関係、登場人物、物語の伏線が「見える化」されたら、プロジェクトへの彼のアプローチはどのように変化するでしょうか。

私とウィリアムが作成したマインドマップでわかるように、私は単に基本的なアウトラインを考え出すために先生の題目を使用しました。これにより、簡単に始めることができました。私は、文字、主線、伏線、設定など、教師が本のレポートに含めるために要求したすべての項目に単に追加しました。また評価を追加し、プロジェクトの各部分に割り当てられる(または取り除かれる)マークを確認できました。

ウィリアムが本のレポートに取り組んでいくにつれて、本のタイトルに常に下線を引いたり、イラストを含めるなど、小さなリマインダーを追加すると便利なことがわかりました。

息子の目を通したマインドマップ

息子は放課後の本のレポートに興奮していることがわかりました。ほとんどの若い子どもたちと同じように、彼はむしろビデオゲームをしたり、自転車に乗ったりしています。しかし、過去には、たとえ宿題に取り組むよう説得したとしても、彼がレポートをまとめるのは難しいことでした。私はマインドマップが役立つことを期待していました。

基本的なマインドマップのアウトラインが完成したら、ウィリアムから物語の詳細を時系列で語り始めました。しかし、今回、彼はすべてのこれらのランダムな詳細を取り、マップのアイテムにそれらを整理し、書き起こすことができました。彼が登場人物に出くわすたびに登場人物のセクションにリスト化され、後にこれらはさらに主人公と脇役に分けられました。

同様に、どの詳細がどのように分類されるかを尋ねたところ、2つの主要な伏線、ひとつは吹雪について、もうひとつはヘビについて整理することができました。そして、何がどこに行くべきかについて考えを変えたら、物事を動かするのは簡単でした。

マインドマップの良い点は、ウィリアムがすべての情報を視覚的に見ることができ、頭の中ですべてを描こうとするのではなく、大きな絵のようなもので見ることができたことです。小説を直線的で時系列的な物語として見て、本の組織や構造を見て、様々な構成要素とそれらがどのように一緒に働いたかを結びつけるのに役立ったようでした。

見逃したステップなし

マインドマップでは、必要な作業の一部を含めるのを忘れたり無視したりするなど、マークを失う不注意なエラーを出すことはほとんどありませんでした。彼は各セクションの詳細を含めることを理解し、プロジェクト全体が彼の前に図解されたため、見落とすものは何もありませんでした。

より良い学習体験のための分解

マインドマップを使用すると、作業を効果的にスケジュールし、より快適に宿題を楽しく行うことができます。マインドマップを使用すると、プロジェクト全体の範囲と、毎晩完了する必要がある量を簡単に確認できました。

マインドマップは、作業を個々のセクションとタスクに分割するため、ウィリアムにとってもより好ましいものでした。大きすぎて難しいプロジェクトの代わりに、一連の小さな仕事の集まりになりました。彼はセクションをひとつ完了するだけでいいことを知っていたので、休憩を取ったり、ビデオゲームをプレイしたりすることができました。

そして、最良の事はなんといっても「A」がとれたこと。そのコースで受けた最高の評点でした。彼はやる気を感じ、宿題はそれだけの価値があると感じたようです。

ジュリー・ハリソンは、MindManagerでグローバルマーケティングのを率いています。フィールドマーケティング、コンテンツ作成、戦略的需要創出キャンペーン、セールスイネーブルメントを統括しています。彼女はまた、彼女と同じくらいMindManagerを愛することを学んでいる2人の子供たちに幸せな母親です!

MindManager 無料トライアル

まだ MindManager に手を入れていない場合、無料でつかえるフル機能、30日間の試用版をご利用ください。ここをクリックして MindManager を今すぐ体感ください。

この投稿は、With mind mapping, better learning becomes a quick study を日本語化したものです。

今すぐトライアルを開始