MindManager 2020 の新機能

詳しくは

教育におけるマインドマップの役割

著者:グレース・ゴッドウィン


教育におけるマインドマップは、学習体験を最大限に引き出そうとする学生や教員にとって効果的なツールです。しかし、マインドマップとは何もので、そして学生や教員にどのように役立つのでしょうか。マインドマップは、講義、メモ、研究などを視覚的に表現し共有することを可能にする学習ツールです。実際、教育におけるマインドマップは、さまざまなタスクで役立っており、ユーザーのニーズに合わせて簡単に調整できます。

教育におけるマインドマップ作成の利点

教育におけるマインドマップ作成の利点は様々です。教員は講義を大幅に改善することができ、生徒は特定のニーズに合った方法で知識をよりよく理解し、記憶しておくことができます。

ほとんどの教員は講義でホワイトボードとPowerPointプレゼンテーションを使用していますが、誰もがこの方法で学べるわけではありません。教育にマインドマップを組み込むことで、教師はビジュアルソフトウェアを通じてプレゼンテーションを改善させることができます。これは、人口の半分以上が視覚学習者で構成され、教員が教え方に適切なツールを使用する必要があることを考慮すれば大変重要です。

マインドマップの作成は単に学習に役立つツールだけではなく、とても楽しい作業です!

多くの教師や管理者にとって、教職員や学生の計画やアイディアを集めて形にすることは面倒な作業です。多くの場合、複数のドキュメント、グラフ、およびリンクにまたがり1 ページに収まりきりません。授業やプレゼンテーションには通常、複数のメディアの種類が必要で、教員はプレゼンテーションからドキュメント、さらにビデオに切り替えていきます。こうすると学生は混乱し教員にはストレスになり、最終的に必要以上の作業になってしまう可能性があります。

マインドマップは授業の情報をひとつにまとめることができる魅力的な解決策です。視覚的になっていることは学生にとっても有益であることは言うまでもありません。学生は、マインドマップの視覚的性質の結果として、手元のトピックをよりよく理解することができます。教師は徹底的な授業計画を作成し、ひとつの中心となる土台から提示し簡単に学生と共有することができます。

マインドマップは複雑なトピックやアイディアを理解する手助けになります

多くの学生は自分にあった学習習慣を見つけるのに苦労しています。実際には、読書やノートの取り方などの従来の手法が適合するのは少数です。代替のより効果的な手法を求めている人にとって、マインドマップは理想的です。

MindManager のようなマインドマップ作成ソフトウェアは誘導しやすく、複雑なトピック、構造、全体像を学生が理解するうえで、マインドマップを構築する行為は非常に重要です。知識を完全に理解し、獲得するために、アクティブで多感覚的な関与を脳は必要とします。多くの学生が、情報を直線的かつ一次元的に取り組む標準的な学習ツールで情報を学習し、暗記するのが難しいのも不思議ではありません。

マインドマップを学習や学習ツールとして使用すると、学習プロセスに統合されるため、概念をより簡単に把握できます。これは、研究したり、パートナーに情報を説明したり、繰り返し説明する行為に似ています。学生がマインドマップを作成するにつれて、彼らの脳は、一見分断された情報の様々な部分の間の関連付けを作ることを余儀なくされます。最終的には、これは、学生がトピックや概念のより明確で完全な画像を開発するのに役立ちます。

マインドマップで勉強することで、より良い記憶保持につながります

あらゆる年齢や分野の学生は、情報過多の感覚や、頭に概念を覚える余裕がないストレスをわかっているものと思います。マインドマップは、余分な知識を頭の中にほとんど関連付けられず覚えるのではなく、情報が実際に意味をなすのに役立つツールです。

我々の脳は組織化されておらず複雑な動きをします。勉強の仕方だって異なっている必要はありません。マインドマップを使用すると、学生は手元のトピックに完全に取り組む必要があります。情報を可視化して、アイディア間の関係を概説することで、マインドマップは脳の動きを反映しています。

言い換えれば、マインドマップ作成ソフトウェアは、私たちの最終目標と現在の思考プロセスと結び付ける役割を果たしてくれます。特にADHD(注意欠陥多動性障害)や他の学習障害を持つ方は、物事が複雑になることがあります。多くの場合、私たちの考えはあちこちにあり、脳が問題を解決するためにフル回転すれば、それはストレスと混乱を引き起こします。紙に自分の考えを十分に速く描き表せないように、自分や他の人が理解できる方法で伝えることができません。

マインドマップは、これらの問題の解決策になり得、学生が学校生活とその後の人生の両方でより良い結果を達成するのに役立ちます。

学術研究のツールとしてのマインドマップ

マインドマップは、教授や学生が教育と学習の一環として行う研究と情報分析で深いレベルでも役立ちます。研究は複雑で、整理されておらず、包括的に整理するのが難しい場合があります。重要な詳細が多数のドキュメントや引用元に取り残される可能性があります。

マインドマップは教授や学生が研究と行動を活用し、彼らとより広範な教育コミュニティの両方に役立ちます。

マインドマップ作成ソフトウェアを使用すると、教授や学生は、研究に必要な小さな情報を維持しながらも、全体像を見てすることができます。中心のアイディアはマップの焦点であり続けますが、関連トピックは埋め込みファイルとリンクに分岐できます。これにより、研究がより楽しく効率的なプロセスになり、ユーザーはすべてを 一ヶ所にまとめることができます。

リサーチをプレゼンテーションまたは授業計画に変換する準備ができたら、ユーザーは既存のマインド マップを再構成するだけで済みます。その後、マインド マップから直接結果を提示するか、Word や PowerPoint などのプラットフォームにエクスポートできます。

たとえば、下記はマインドマップを使用して本を書くプロセスの概要です。

 

ショーン・ミットンのシリーズ「マインドマップで本を書く方法」の情報収集計画のサンプル

ショーン・ミットンのシリーズ「マインドマップで本を書く方法」の情報収集計画のサンプル

教育分野における MindManager :成長傾向

MindManager には、ユーザーがニーズに合わせてカスタマイズおよび構築できる 50 種類以上のテンプレートが含まれています。トピックと情報は、ユーザーが選択した図形で表され、関連するアイディアは境界線、リレーションシップ、および吹き出しで表示されます。

すべてのマインドマップは、色、形状、アイコン、情報など、見た目が異なります。データとリンクをトピック ポイントにきちんと埋め込んで、すばやくアクセスできます。マインドマップが成長するにつれて、情報のレビュー、収集、理解のためのプラットフォームになります。

MindManagerが教育に最適なツールである理由は簡単です。MindManager は、情報をすばやく収集し、わかりやすい視覚的な図にできることと、情報を継続的に構築し整理できることで、複雑なトピックを学ぶ学生にとって理想的です。

MindManagerは小さなアイディアを途中で犠牲にすることなく、コミュニケーションを取りたいという包括的なアイデアを強調するのに役立ちます。それはあなたがハンドルを握り、あなたや聴衆が理解しやすい方法であなたの情報を導くことを可能にします。教育におけるマインドマップの利点を直接経験すると、従来の研究と教育の方法は古風に感じられるほどです。

これらの可能性のために、マインドマップ作成ソフトウェアは、個人およびプロ世界中の学校や企業で注目されてきています。学校にいるうちにマインドマップを使用して情報を収集、処理、および説明する学生は、この傾向を職場に持ち込む可能性が高くなります。

教育におけるマインドマップの力を体感ください

教育におけるマインドマップ作成の利点をテストしたい教員や学生なら、フル機能が利用可能な MindManager の無料トライアル版をお試しください。 ここをクリックして30 日間の無償トライアルを開始ください。

著者について:グレースはコーレル・コーポレーションのインターンであり、現在心理学の学士号を取得するために取り組んでいる大学の4年生です。執筆や市場調査に強い情熱を持っており、MindManagerブログに貢献するためにパートタイムでCorelチームに加っています。

 

この記事は、The role of mind mapping in educationを和訳したものです。

今すぐトライアルを開始