MindManager 2020 の新機能

詳しくは

マインドマップを作成し学習する理由

寄稿者:グレース・ゴッドウィン

多くの人が鮮やかな色や画像で知識が視覚的に提示されると最も頭に入ってきます。人口の約65%は視覚学習者であり、今日の教員は視覚による学習ツールをレッスンや講義に取り入れるよう努めるべきでしょう。そのようなツールのひとつは、学習体験を強化し、楽しく効果的な学習体験を強化する最も効果的な方法のひとがマインドマップ作成を通した学習です。

マインドマップを作成し学習する利点

マインドマップ作成は、学習プロセスを強化し、テキストベースの学習では不可能な方法で、新しい情報を獲得し記憶するために必要なプロセスにユーザーを巻き込むことにより記憶保持を向上させることが示されています。つまり、マインドマップは、ユーザーとマップのコラボレーションを通じて、学習をより簡単かつ楽しいものにしてくれます。

マインドマップ作成に関するいくつかの研究によると、従来の学習ツールではマインドマップが提供するいくつかの重要な利点がないことは明らかです。単語カードや従来からのノートを取ることは、インタラクティブなマインドマップと比較して、私たちの脳のほんの一部にしか関与しません。マップを作成する行為は、学習プロセスにユーザーを巻き込み、右脳・左脳の両方を使い最適な経験を作り出します。

誰もが同じように学習するわけではありませんが、マインドマップは、さまざまな学習スタイルに効果的な学習ツールです。

マインドマップが学習障害を持つ学生にどのように役立つか

学習障害に苦しむ人々にとって、教育におけるマインドマップ作成は目標達成の手助けとなるのに特に貴重です。例えば、失読症の学生は、短期的な情報の保持と処理に苦労することがよくあります。カラフルな主なポイントとそのつながりなど、マインドマップ作成のさまざまな側面は、失読症学習者がトピックを習得するために必要な関連する事実やアイディアをよりよく理解し、覚えておくのに役立ちます。

約10~15%の人々が何らかの失読症に苦しんでいると推定されており、これは読み取り、書き込み、綴りに関連する情報処理に影響を与える疾患です。この状態は進行中であり、学校、ビジネス、ライフタスク全般の学習プロセスを通じてナビゲートする多くの人々にとって障害となる可能性があります。失読症の人は、脳のワーキングメモリに欠陥があり、より遅い認知処理速度に苦労します。書面の概要、書かれた情報の分析、テキスト文書での思考の整理、記憶の思い出しや意思決定など、学校やビジネスの一般的な活動は、失読症によってすべて悪影響を受ける可能性があります。

マインドマップ作成は、トピックを明確で管理しやすい情報の大きさに簡単に分割できるようにすることで、失読症の学生や専門家を支援します。線、関係、形状、色を使用して中心的なトピックから放射されるマインドマップの固有の構造は、単調な情報を視覚的に魅力的なドキュメントに変えるのに役立ちます。失読症の学生や専門家は、問題を解決したり、考えを整理したり、情報の体に関する自信のある観察や決定を行う際に特に便利な図のこのタイプを見つけます。

同様に、アスペルガーや自閉症の人は、視覚的に提示されると、概念や情報をより効果的に理解することができます。概念を分割して小さく視覚的にすると、個々のパーツがどのように結びついているかを見ることができるので、これらの学生は全体像をより効果的に理解するのに役立ちます。ほとんどの人、特にアスペルガーや自閉症の人にとって、モノトーンで提示された重要な情報を理解しようとすることは単に効果的ではありません。マインドマップは、視覚的な手掛かりを組み込み、包括的なトピックやアイディアをよりよく理解するために、小さな詳細を簡単に接続できるようにすることで、このプロセスに役立ちます。

マインドマップがすべての学生の学習にどのように役立つのか

マインドマップ作成は、事実上すべての人のためのより良い学習機会を提供する能力を持っています。これは、研究や研究の代替方法を探している学生や、より視覚的な学習スタイルの恩恵を受ける学生に特に当てはまります。

ノートを取ることは退屈な場合があります – これはすべての学生が同意できるものでしょう。教育レベルに関係なく、高校や大学院でも、非常に複雑なクラスや非常に単調なクラス(あるいはその両方)が常にあります。これを読んでいる人は誰でも必ず関係があります。関連する情報は片方の耳から入りもう片方の耳から出ていきます。

マインドマップ作成では教室でのノートの取りに共通する単色と直線的な知識からは卒業です。古典的なペンと紙は便利ですが、ユーザーのニーズとスタイルに合わせて調整できる鮮やかな形状とアイコンに置き換えましょう。マインドマップは、学習のプロセスを進め、進化させるために作り出されました。進化の速い生活の中で、他のすべてと同様に私たちが知識を得る方法も成長し変化しており、マインドマップ作成はその変化に追いつくために最適なツールと言えるでしょう。

マインドマップは、学生や同僚にアイディアを伝えるのを助けることで、教員に利益をもたらすこともできます。複雑なトピックやコース構造であっても、すべての情報が美しく楽しく一ヶ所にレイアウトされると見通しが良くなります。テンポの速い学校の教室環境に苦労する傾向がある学生や、異なる授業や科目間の関係を描くことが困難な学生は、特にマインドマップ構造の恩恵を受けることができるでしょう。

マインドマップ作成を通した学習をお試しください

教育のためのマインドマップ作成による利点をテストしたい教師や学生なら、MindManager の無料で利用可能なフル機能の試用版に興味があることでしょう。今すぐ 30 日間のトライアルを開始するには、ここをクリックしてください。

著者について:グレースは Corel Corporation のインターンであり、現在心理学の学士号を取得するために取り組んでいる大学の4年生です。執筆や市場調査に強い情熱を持ち、MindManagerブログに貢献するためにパートタイムでCorelチームに加わりました。

今すぐトライアルを開始