MindManager 2020 の新機能

詳しくは

コンセプトマップを使用した問題解決、プロセスの設計、組織知識の調整

著者:マイケル・ドイッチ

マイケル・ドイッチ(MICHAEL DEUTCH)は MindManager のブランド大使です。製品の VP として MindManager に取り組んで12年、製品とマーケティングソリューションのディレクターとして活躍していました、マイケルの豊富な製品経験により理想の大使になりました。

半引退という新しい生活の中で冒険を続けるものの、マイケルは引き続きマインドマッピングコミュニティに従事し活動していきます。彼は MindManager のブログ、および他の多くのオンラインプラットフォームに定期的に貢献していくでしょう。

コンセプト マップは、さまざまな概念とアイディアの関係を示す図です。設計者、エンジニア、テクニカルライターなどで知識を整理し、構造化するためによく使用されます。

ほとんどの種類のコンセプト マップでは、ボックスを使用してアイディアや概念を表します。これらは線や矢印で相互に接続され、関連する概念間をキーフレーズや単語でラベル付けされ接続されます。たとえば、「家」には「寝室」に関連付けられている場合があり、「○○を含む」または「○○が含まれる」というフレーズが付いています。だから、視聴者は、この例では、家に寝室が含まれていることを理解することができます。その他のフレーズの例としては、「含む」、「必要」、「所有」、「レポートする」などがあります。

概念マップ作成の 1 つのタイプは、問題または問題の解決に重点を置くものです。答えようとしている問題や重要な質問をよく理解するほど、コンセプトマップの作成と焦点を導きやすくなります。

コンセプト マップの例を次に示します。

どのような場合にコンセプト マップを使用するのか?

コンセプトマップは、知識を体系化し、文書化するために教育で広く使用されています。もちろんビジネスの世界でも採用されています。コンセプト マップは単独で作成できますが、チームと協力して共有理解を深め、プロセスに含まれるさまざまな視点で問題を解決し、製品やプロセスを設計する強力なツールになります。これらの図は、私たちが今日知っているだけでなく、将来像も描くことができます。

ビジネスにおけるコンセプトマップの一般的なアプリケーションを次に示します。

  • 共通のフレームワークとビジネス要件の理解を持つチームと個人の調整
  • ギャップまたは矛盾の特定
  • アイディア間またはプロセス内の複雑な関係を示す
  • 存在論の構築
  • 現在のプロセスまたは提案されたプロセスの文書化 (内部または外部)
  • 要件内の依存関係の強調
  • 市場またはプロセスの分析
  • 重要な意思決定(および変更時の結果または影響を受ける概念の視覚化)
  • 組織またはチームのナレッジのマップの作製
  • 従業員と新しいチーム メンバーのトレーニング
  • ソフトウェア (またはその他の製品) の設計

MindManagerでコンセプトマップを作成するには?

MindManager 内でコンセプト マップを作成する方法のクイック ガイドを次に示します。

  1. MindManager には、すぐにはじめられる空のコンセプト マップ テンプレートがあります。
  2. マップの主な焦点を決定します。これは、質問に答えたり、特定の概念、トピック、またはプロセスを説明することができます。これは、マップ内の元のトピックであり、基になる多くのトピックに接続する必要があります。
  3. 概念。
  4. 特定した主なアイディアに関連するすべての主要な概念を特定し、入力ていきます。
  5. 概念をリンクする線を選択し、概念がどのように関連しているかを明確にするキーワードまたは語句を追加します。
    上記の手順を繰り返し、必要に応じてコンセプト マップを変更します。

コンセプトマップで使用すべき MindManager の機能

コンセプトマップは、解決しようとしている問題や、マップ作成に関する情報や知識によって異なります。見た目や伝えたい概念が異なる場合がありますが、マップにさらなるコンテキストを追加するために活用できる MindManager の主要な機能と、その他、残課題を特定したり潜在的なソリューションを見極めるために集中するのに役立つ機能を次に示します。

  1. 色(フォント、トピック塗りつぶしの色)を使用して、さまざまなアイディアを分類します。
  2. フォントの特性を調整して、概念 (太字、大きいフォント、異なるフォントの種類など) を強調します。
  3. トピック図形を変更して、主要な概念または関連する概念を強調表示します。
  4. トピック イメージを使用して、より多くのコンテキストを追加し、視覚化を強化します。
  5. 概念に関連する詳細なトピック ノートを追加します。
  6. アイコンとタグを適用して概念を分類します。
  7. リンクを設定するか、添付ファイルを追加して、概念に関連する詳細情報にリンクします。
  8. 「所有権」または「説明責任」があるコンセプトにリソースを割り当て、ドキュメント化されている一部プロセスに役立てます。
  9. 複数の視点を使用してマップを表示します。スパイダー ダイアグラムのレイアウトに限定されることなく、ビューを切り替えて、図表をスケジュールとして表示するか、アイコン ビューとタグ ビューのアイコンまたはタグによって分類されているすべての概念を表示します。
  10. タグまたはアイコンで注釈を加えたトピックの表示と非表示を切り替え、コンテンツをフィルター処理します。たとえば、優先度 1 としてマークされたすべての概念をフィルター処理するか、3 より大きいとマークされたすべての優先順位の概念を非表示にします。
  11. 最後に、誰もがブラウザでスパイダーダイアグラムをインタラクティブに開いて表示したり、さまざまな形式(例えばWord、HTML5、Microsoft Project など)に図をエクスポートしたりWebに公開(リンクを共有)して、ダイアグラムを共有します。

すぐにMindManagerでコンセプトマップ作成を開始!

MindManagerでコンセプトマップ作成を試してみませんか? MindManagerの 30 日間の無料試用版を今すぐダウンロードし、以下のコンセプト マップ テンプレートをダウンロードして始めてみてください。

今すぐトライアルを開始