ぜひ、Lean Six Sigmaホワイトペーパーをダウンロードください!

ブレーンストーミングとは何か? なぜ重要なのか?

ブレーンストーミングは、ビジネスプロフェッショナルが新しいユニークなアイディアを生み出すために使える優れた手法といわれています。この用語は多用され、他の問題解決やアイディア創造技術と同じ意味で使われる用語です。ブレーンストーミングは、ビジネスにおける私たちの毎日の辞書の一部となっており、それには正当な理由があります。しかし、ブレーンストーミングとは何か、なぜビジネスプロフェッショナルにとって重要な手法なのでしょうか?

この記事では、これら 2 つの質問に取り組み、さまざまなビジネス設定で一般的なブレーンストーミングトピックや問題の例をいくつか示します。

ブレーンストーミングとは何か?

ブレーンストーミングは、特定の問題の解決策を見つけるためによく使用されるグループによる創造のための手法です。これは、チーム メンバーから自由に新しいアイディアを収集し記録することで実現されます。ブレーンストーミング セッションは通常、少数のコア チーム メンバーで構成され、通常はディレクターまたはファシリティータが主導します。

ブレーンストーミングはアレックス・F・オズボーンという広告エグゼクティブから生まれ、1939年頃にさかのぼりにまでさかのぼります。従業員が創造的な新しいアイディアを生み出すことができないことに不満を感じたオズボーンは、チームベースの作業アプローチに焦点を当てた問題解決のための新しい方法を開発し始めました。彼はグループ思考セッションを主催し始め、このアプローチが新しいアイディアの質と量を大幅に向上させたことを発見しました。オズボーンは、これらのグループ会議「ブレーンストーミング」セッションを作り、後の出版物で技術について書きました。

これらのブレーンストーミング セッションでは、チームが利用できるツールを使用してアイディアが収集され、記録されます。現代のビジネスでは、デジタルプラットフォームやマインドマップ作成ツールを採用してプロセスをスピードアップし、レビューフェーズをより迅速かつ生産性の向上にしています。アイディアの量は、通常、できるだけ多くの新しい提案を生成することを目的として、品質よりも強調されています。すべてのアイディアが収集されると、チームはそれらの各アイディアを評価し、問題を解決する可能性が最も高いものに焦点を当てます。

ブレーンストーミングの4原則

ブレーンストーミングは長年にわたって進化してきましたが、オズボーンの 4 つの基本原則は、独自のセッションを実行する際の優れたガイドラインです。これらの原則には、次のものがあります。

  1. 質よりも数: アイディアは数により洗練され、統合され、さらに発展し、高い質になるという考え方です。
  2. 批判を控える:チームメンバーは、頭の中にあるすべてのアイディアを自由に披露する必要があります。アイディア収集フェーズが終了するまでフィードバックは我慢し、抑止が発生しないようにします。
  3. クレージーなアイディアも受け入れる: チームメンバーに枠にとらわれずに考えるようにします。実現不可能なアイディアであっても、成功への切符となる新しい革新的な手法への扉を開くことがあります。
  4. アイディアを組み合わせ、洗練し、改善する: アイディアの上に組み立て、問題解決プロセスをさらに進めるために、異なる提案間の接続を描画します。

ブレーンストーミングは、チームの革新と共同作業を支援する手法またはプロセスと考える必要があります。ブレーンストーミング セッションを開催する正しい方法はひとつではありません。実際、個々のブレーンストーミング セッションや逆ブレーンストーミングセッションを開催することは、どちらも新しいアイディアを生み出すのに役立つ活動です。目標は、常に自分とチームに最適なプロセスを使用することです。

ブレーンストーミングはなぜ重要なのか?

ブレーンストーミング を行ったことがある場合は、新しいアイディアを生成し、問題の解決策を見つけるのに非常に効果的であることがわかります。これは主にチームが共通の目標に向かってより協力的に作業するのに役立つブレーンストーミングの多くの利点によるものです。

企業や個々の生産性に対するブレーンストーミングの利点には、次のようなものがあります。

  • ブレーンストーミングは、人々が判断を恐れることなく、より自由に考えることを可能にします。
  • ブレーンストーミングは、問題を解決し、革新的なアイディアを生みだすために、オープンで継続的なコラボレーションを奨励します。
  • ブレーンストーミングを使用すると、チームは多数のアイディアをすばやく生成できるため、洗練させ統合ることで理想的なソリューションを作成できます。
  • ブレーンストーミングにより、チームはコンセンサスによって結論を出すことができるので、より整った、より良い情報に基づいたパスが前進します。
  • ブレーンストーミングは、チーム メンバーが構造化されたセッション外でも、互いにアイディアをやりとりすることがより快適に感じるのに役立ちます。
  • ブレーンストーミングは、さまざまな視点を導入し、すぐに使用したイノベーションへの扉を開きます。
  • ブレーンストーミングは、チーム メンバーがアイディアを頭から世界に引き出すのに役立ち、拡張し、洗練させ、行動を起こすことができます。
  • ブレーンストーミングはチーム形成に最適です。誰も結果を所有しておらず、絶対的なチームの努力を可能にします。

要約すると、ブレーンストーミングの主な利点は、コラボレーションによって創造性のブレーキを解除できることです。これは、チームとして一丸となって進むために使用するのに最適な手法であり、新しいレベルにあなたのビジネスを取ることができるエキサイティングな新しいアイディアを生成するのに役立ちます。

ブレーンストーミングとは何か、なぜそれが重要なのかがわかったところで、それが役に立つシナリオの例をいくつか見てみましょう。

ブレーンストーミングが役立つ例

ご覧のとおり、ブレーンストーミングはさまざまな状況で使用できる手法です。個人的な生活や職業生活の両方で、取り組んでいるさまざまな問題に対する新しいアイディアや解決策を見つけるのに役立ちます。この汎用性のために、ブレーンストーミングは、あらゆる規模の企業やチームの間で広く使用されている手法になっています。

ブレーンストーミングを使用できる場所について考えるには、この手法が役立つ次の例を次に示します。

その1

コンテンツおよび製品マーケティング チームは、今後の製品発表のために新しいメッセージングアイディアを作成する必要があります。ユーザーにとってエキサイティングな新機能がありますが、その重要性と利点を伝えるために適切な単語を見つけるのに苦労しています。

ブレーンストーミング セッションを呼び出して新しいメッセージングのアイディアを生成することは、この書き込みプロセスを開始する最適な方法です。チームとして、できるだけ多くのアイディアやスローガンを投入し、それらを洗練させながら今後の方向性を明確に把握することができます。

その2

幹部から最も成功した市場へ足がかりの拡大に焦点を当てた来年度の成長戦略を策定する任務を負っています。成長の余地はあることはわかっているものの、どの分野に焦点を当てたらよいのか分からない。

ブレーンストーミング セッションのために、部門および組織全体の主要な利害関係者を集めることで、成長機会の一覧をすばやく収集できます。各チーム メンバーは、戦略的な可能性の長いリストに追加できる役割とその成長のための独自のアイディアを持つことになります。

その3

製品開発チームは、ソフトウェアの新しいバージョンで繰り返し問題に陥っています。プロジェクトが複雑なため、問題の根本原因を特定するのは困難です。

ブレーンストーミング セッションのために製品チームを一緒に呼び出すことは、問題が何であるかについて意見を集めるのに役立ちます。より多くの理論が出てくるにつれて、核心的な問題がどこにあるのかについてコンセンサスが形成され始める可能性が高い。そこから、問題を解決する方法をブレーンストーミングできます。

これらは、ブレーンストーミングの 3 つの高レベルの例にすぎません。この手法は非常に汎用性が高く、ビジネスで対処する必要がある事実上すべての問題や目標に適用できます。ブレーンストーミングの利点は数多くあり、業務全体を通じてブレーンストーミングをより多く組み込むことを強くお勧めします。

ブレーンストーミングのためのMindManagerをお試しください

ブレーンストーミングを始めるツールをお探しではないでしょうか?MindManager は、プロジェクトを前進させるために新しいアイディアを生成、収集、改良するのに役立つ完全な機能を備えています。MindManagerの 30 日間の無料トライアルをすぐにお試しください。

この投稿は、What is brainstorming? And why is it important? を日本語化したものです。

今すぐトライアルを開始