ぜひ、Lean Six Sigmaホワイトペーパーをダウンロードください!

あなたのチームで試してみる10ブレーンストーミングテクニック

著者:ブレンダン・マッコネル

チームとして働いた経験が場合、ブレーンストーミングをすでに行った経験をお持ちのことでしょう。これは、多くの企業が新しいアイディアを生み出し、問題の解決策を考え出すために使用する一般的なプロセスであるためです。多くの場合、「ブレーンストーミング」は、チームが新しいアイディアを集めるのに役立つあらゆる活動を示す用語として使用されます。しかし、チームの構造、目標、さらには参加者の個性に応じて、さまざまなブレーンストーミング手法があることをご存知ですか?

この記事では、下記の一般的なブレーンストーミング手法の一部について説明します。

  1. ブレイン・ライティング
  2. フィギュアストーム
  3. ブレインネット
  4. 素早いアイディア出し
  5. ラウンド ロビン ブレーンストーミング
  6. スターバースト
  7. ステップラダーブレーンストーミング
  8. 「なぜなぜ」分析
  9. リバースブレーンストーミング
  10. マインドマップ作成

その後、セッションの実行に使用できるブレーンストーミングプロセスの例について説明します。それでは始めましょう。

一般的なブレーンストーミング手法

前で述べた通り、さまざまな種類のブレーンストーミングを使用して、さまざまな方法で問題を考え、チームをより効果的にやる気を引き出します。各チーム、問題、および望ましい結果は間違いなく異なるので、成功させるためには適切なブレーンストーミング手法を選択することが重要です。

すぐにチームで使えるブレーンストーミング手法について説明します。

1. ブレインライティング

ブレインライティングは、アイディアの生成を議論や批評から分離することを目的としたブレーンストーミング手法です。これらのセッションでは、ファシリテーターはトピックや問題をチームと共有し、アイディアを書き留めていきます。これが完了すると、チームは再び集まり、議論のためにグループとアイディアを共有します。

このタイプのブレーンストーミングは、バイアスつまり少数の人々だけでほとんどのアイディアを生み出す状況を排除する場合に有効です。誰もがアイディアを出し、共有することを奨励することにより、すべてのアイディアや視点の360度のビューを生成します。このテクニックは、内向的なチーム メンバーにとっても優れています。

ブレインライティングは、でできた最初のアイディアに飛びつく傾向があるチーム、または声の大きい人がひとり、ふたりいるようなチームで特に効果的です。

2. フィギュアストーム

フィギュア ストームは、チーム メンバーに問題を他人の問題であるかのように考えるようにするブレーンストーミング方法です。ファシリテーターは「どのように問題を解決しますか」と尋ねる代わりに、特定の人物や人々が問題にどのように取り組むかについて考えてもらいます。たとえば、会社の CEO や外部コンサルタントであるかのように、チームに問題の解決を依頼できます。

この種のブレーンストーミングは、チーム メンバーがアイディアに異なる視点を考慮してもらうために最適です。フィギュア ストームは、議論が進まないや、同じアイディアを何度も考え出す問題がある場合に特に効果的です。

3. ブレインネット

ブレイン ネットは、リモート チームコミュニケーションのためのより広範なオンラインブレーンストーミング技術です。これは、さまざまな会議や記録ツールを使用してブレーンストーミング セッションのために分散したチームをまとめることを目的としています。これは、特定の問題について共同作業を考えるのに苦労しているリモート チームに特に役立ちます。

この種のリモート ブレーンストーミングを実現するには、質問やアイディアを記録するプラットフォームと、信頼性の高い Web 会議プラットフォームが必要です。たとえば、ファシリテーターは、MindManager などのマインド マップ作成ツールと共に GoToMeeting などのプログラムを使用して、アイディアを生成、記録、および分析するためのコラボレーション環境を作成できます。

4. 素早いアイディア出し

素早いアイディア出しは、誰かが「ブレーンストーミングセッション」と言ったときに最も可能性の高いものです。このテクニックは、ブレーンストーミング チームを部屋にまとめ、ミーティングのコンテキストを提示することから始まります。たとえば、ファシリテーターは、解決する必要がある問題や質問を導入し、予算や期限などの必要なコンテキストを提供できます。

そこから、チームは設定された期間内にできるだけ多くの新しいアイディアを書き留めます。アイディアは、フィルタリングを行わずに、できるだけ早く作成および記録する必要があります。このブレーンストーミング方法の全体的な目標は、大量のアイディアを迅速に生成し、その後、アイディアを洗練して拡張することです。

このタイプのブレーンストーミング セッションは、アイディアをすばやく収集できる信頼性の高いツールを使用して実行する必要があります。脱線を自覚できるチームや、会議でより明確なフォーカスを必要とするチームにとっては最適です。

5. ラウンドロビンブレーンストーミング

ラウンド ロビン ブレーンストーミングは、チームの全員ができる限り参加することを目的とした手法です。チーム メンバーは円を形成し、ファシリテーターは対処が必要なトピックを紹介します。各参加者は、全員が投稿するまで交代でアイディアを共有します。ファシリテーターは、このプロセスの完了後に評価される各アイディアを記録します。

このブレーンストーミング方法は、チームの全員が積極的に参加し、アイディアを共有していることを確認するのに最適です。

6. スターバースト

スターバーストを開始するには、アイディアや答えを作成するのではなく、問題や目標に関連する質問を作成することに重点を置きます。これは、別の視点から問題を見て、解決策を見つけるために逆引きで作業するのに良い方法です。ファシリテーターは問題を出し、チームがそのトピックに関する質問をできるだけ多く考え出す作業を行います。これが完了したら、チームは、特定のプロジェクトまたはタスクを完了するために対処する必要があるすべての質問の一覧を生成する必要があります。

このブレーンストーミング手法は、プロジェクトの特定の部分を見落とす傾向があるチームや、適切な計画を立てずにタスクに突入することが知られているチームに最適です。

7. ステップラダーブレーンストーミング

ステップラダーブレーンストーミングは、チームメンバーが事前の影響を受けずに個別にアイディアを共有できるシステムを作成することで、グループ思考を可能な限り排除することを目的としています。

このタイプのブレーンストーミングでは、ファシリテーターがチーム全体にトピックを紹介し、2人を除いて全員が部屋を出ます。この 2 人のチーム メンバーは、自分の間でトピックについて話し合い、ペアとしてアイディアを生成します。グループから何かを聞く前に、その会話に一人ずつ追加され、アイディアを出し続けます。このプロセスは、全員が部屋に戻るまで繰り返されます。

このブレーンストーミング技術は、5~15人のグループに最適で、個人の思考とグループ参加を同じセッションに組み込むのに良い選択肢です。

8. 「なぜなぜ」分析

「なぜなぜ」分析技術は、問題の根本原因を突き出す方法として、品質管理やプロジェクト管理で頻繁に使用されます。たとえば、リーン シックス シグマは、この 「理由」 分析を組み込んで大規模なプロセスまたはワークフローの問題点を特定する効率的な監査のフレームワークです。

ブレーンストーミング手法として、問題が発生する可能性が高い場所を明らかにするために、グループとして「なぜ」分析を行うことができます。ファシリテーターは問題を出し、チームはまとめて5回「なぜ」をして問題の核心を問います。これは、グループとして、または個別に完了できます。

グループブレーンストーミングセッションでは、問題を解決したり効率を向上させたりするための新しいアイディアにつながるオープンな対話を奨励する「理由」分析が素晴らしいです。

9. リバースブレーンストーミング

リバースブレーンストーミングは、さまざまな視点から問題を見るための優れた手法です。問題を取り、解決しようとするのではなく、このブレーンストーミング法は、最初からそのプロセスを逆転させます。代わりに、チーム メンバーは問題を引き起こす方法を出すように求められます。

チームが特定の問題を引き起こす方法のアイディアを考え、ファシリテーターは、ブレーンストーミングツールを使用してアイディアを記録します。いったん終了して、これらのアイディアは問題の原因主から問題解決者に逆転させます。たとえば、プロジェクトが完全に整理されないようにする方法がチームとしてコミュニケーションを取らないことを確認し、逆に明確なコミュニケーション戦略の重要性を示していきます。

これらのアイディアが逆転し、洗練されるにつれて、問題を解決する方法(または考えられる原因)のための新しいアイディアに焦点を当てます。このブレーンストーミング方法は、特定の問題に悩まされ、見落とされている可能性のある新しい洞察を特定するための戦略を必要とするチームに最適です。

10. マインドマップ作成

最後に、マインド マップ作成は、中心的なトピックからアイディアをすばやく取り込み、並べ替え、拡張するための実証済みのブレーンストーミング手法です。マインドマッピングは、ブレーンストーミングセッション中にアイディアをキャプチャして並べ替えるという課題に対処し、ファシリテーターが分析と洗練のための思考を迅速かつ簡単に整理できるようにします。

マインド マップは通常、ブレーンストーミング セッションの焦点である中心的なトピックから始まり、サブトピックを使用して外側に放射します。マインドマップが拡大するにつれて、新しいアイディアやカテゴリがより明確になり、バラバラなアイディアの間に関係を作ることができます。このブレーンストーミング法の最大の強みは、プロセスが道に沿って障害物に直面しないように、人間の脳の働きを模倣する能力にあります。

開始する前に、チームを巻き込んでアイディアを生成する際に最も効果的なブレーンストーミング手法を検討する時間を取ることが重要です。問題を理解し、適切なチームを選択し、テクニックや手法を決定することは、ブレーンストーミング プロセスの必要な部分です。

次に、今後のセッションで考慮する必要がある一般的なブレーンストーミング手順を見てみましょう。

開始方法: ブレーンストーミング プロセス

ブレーンストーミング セッションを開催する場合は、成功するために必要な手順を実行することが不可欠です。つまり、ブレーンストーミング プロセスの各段階を事前に考え、対処しようとしている問題と希望する結果を明確にし、チームと共に計画を実行します。

ブレーンストーミング プロセスはチームごとに異なり、プロジェクトごとに異なりますが、これらのセッションのひとつに何が入るのか、そして各ステップが重要である理由を理解することが重要です。このことを念頭に置いて、一般的なブレーンストーミング手順をいくつか示します。

ステップ1: 問題と目標を定義します。

プロジェクトリーダーまたはマネージャは、何を達成しようとしているのか、どのような成功が見えるかを明確に識別する必要があります。これは、ブレーンストーミング セッションを開催する理由の礎となります。

ステップ2:チームとファシリテーターを選択します。

プロジェクトのフォーカスに基づいて、このプロセスに関与するチーム メンバーを選択します。プロジェクトや問題に精通し、ブレーンストーミング セッションに貢献するのに十分な知識を持っている必要があります。

ステップ3:答えるために正しい質問を設定します。

ブレーンストーミング チームに割り当てる質問とタスクを確立します。セッションを維持するために、会議で適切なトピックに取り組むために、これを 1 名または 2 名の質問に従います。

ステップ 4: ブレーンストーミング方法を選択します。

チーム構成と問題の複雑さに基づき、どのブレーンストーミング手法が最良の結果を生み出すかについて考えます。クリエイティブなプロジェクトでは、素早いアイディア出しのようなテクニックが役に立つかもしれません。より複雑な技術的な問題については、「なぜなぜ」分析が行く方法かもしれません。何がうまくいくかを発見するために、さまざまな種類のブレーンストーミングを試してみることを恐れてはいけません。

ステップ5:個々のブレインストーム

チームとテクニックを選択したら、アイディアを個別に考えさせることができます。これにより、すべてのチーム メンバーが会議に準備を整え、アイディアを具体化するのに十分な時間を与えます。一部のブレーンストーミング手法では、これは必要ない場合があり、グループ セッションを直接開催できます。

ステップ6:グループブレーンストーミングに戻る。

ここからがお楽しみです。選択したブレーンストーミング方法を使用して、セッションを通して作業し、選択したツールを使用してアイディアをキャプチャします。会議は、問題や質問に焦点を当てておき、ひとつのブレーンストーミングだけに固執するようにしてください。ブレーンストーミング会議に集中すればするほど、結果は良くなります。

ステップ7: 新しいアイディアを記録します。

ホワイトボード、マインドマップ作成ソフトウェア、その他のプラットフォームなどのツールを使用して、ミーティング中に提示されるすべてのアイディアを記録します。会議の記録には、すべてのアイディアとフォローアップ ディスカッションが含まれている必要があり、セッションの完了後にプロジェクト管理のリソースとして使用されます。

ステップ 8: プロジェクト計画を作成します。

ブレーンストーミング プロセスの結果に基づいて、次の手順の詳細な作業分解構造を作成できます。これには、リソース、予算、期限、成功指標のアウトライン化や、チームに対するタスクの責任の整理などが含まれます。

ステップ 9: プロジェクトで実行します。

最後に、チームの目標達成に向けて作業を開始できます。WBS で概説されているパラメータを使用して、プロジェクト計画を実行します。

ステップ 10: 結果を確認します。

プロジェクトの作業が完了したら、どのように行ったか、および目的の結果を達成したかどうかを確認します。これは、ブレーンストーミング セッションの効果を監査するうえで重要な手順であり、計画から実行に効果的に移行したかどうかを判断します。

繰り返しますが、手順はここで説明されている手順とは異なる場合があります。目標は、作業を開始する前に計画を立て、ブレーンストーミング プロセス全体を通じてその計画を実行することです。

ブレーンストーミングに MindManager をお試しください

ブレーンストーミングに最適なツールをお探しなら、MindManager をお試しください。MindManager はプロジェクトを前進させるために新しいアイディアを生成、収集、改良するのに役立つ機能を備えています。MindManagerの 30 日間の無料トライアルからお試しください。

この記事は、10 brainstorming techniques to try with your teamを翻訳したものです。

今すぐトライアルを開始