ぜひ、Lean Six Sigmaホワイトペーパーをダウンロードください!

MindManager 2020 の新機能: 高度な Excel 連携

MindManager が解決したい問題のひとつが「情報問題」と呼ばている問題をユーザーが解決できるようにすることです。沢山の情報が成功に不可欠です。しかし、これらの重要な情報は、処理するのも管理するのも大変です。

表計算ソフト Excel が良い例です。Excelは、もちろん、職場のどこにでもあり、情報とデータが集まり、格納し、共有され、分析される方法のひとつです。しかし、特定の情報セットを見つけたり、より大きなコンテキストでその情報を理解したり、異なる情報領域間の接続させたりするのは、フラットで直線的な構造のため非常に困難です。それでも、心血を注ぎ、Excel で議論し、Excel で作業します。

多くのユーザーから、MindManager を使用して Excel をより効果的に操作できるような連携機能を求められてきました。提供を開始した MindManager 2020 では、Excel の複雑さと厳格性は Excel に任せ、データ ハウジング、データクランチ機能を活用するのに役立つ2つの新機能が含まれています。

見てみましょう!

Excel Data Mapper: 複雑なデータの明確なビュー

はじめの新機能は、Excel Data Mapper です。このツールを使用すると、Excel スプレッドシートから MindManager マップの柔軟で動的な環境にデータをすばやく簡単にインポートできます。

LAN Corporation のセールスディレクターで、Excel でこの営業案件レポートを実行しただけだとします。

MindManager 2020 | Microsoft Excel Integrations | Example 1

チームとこの情報について少し話し合い、戦略を立てたいと考えるるものの、大きくて散乱し騒々しいスプレッドシートを見ていると、それは難しいかもしれません。

MindManager マップを使用すればはるかに簡単できます。

MindManager 2020 で実現するには、新しいマップを作成し、トップ メニューの [詳細設定] タブをクリックして、[Excel Data Mapper] を選択します。

MindManager 2020 | Microsoft Excel Integrations | Example 2

 

次に、メッセージが表示されたら、インポートする Excel ファイルを選択します。

MindManager 2020 | Microsoft Excel Integrations | Example 3

Excel Data Mapper を使用すると、Excel シートからインポートする情報と、マップ内でのデータの構造を正確に制御できます。含める範囲とデータ、および行と列の表示方法を正確に選択できます。

MindManager 2020 | Microsoft Excel Integrations | Example 4

ほんの数秒、数回クリックするだけで、上記の Excel シートから次のようなマップに変換できます。

MindManager 2020 | Microsoft Excel Integrations | Example 5

同じ情報が Excel ファイルには含まれています。しかし、あなたは雑音を絞り本当にその時に焦点を当てたいものに絞り込むことができました。データを直接作業につなげ、チームがデータにつながるようになったので、より強力な方法でデータをつなげられます。

さらに、この情報は動的にマップに含まれているために、さまざまな方向に進めることができます。

  • 共同編集セッションを開き、チームでブレーンストーミングを行う
  • 優先度マーカーと進行状況マーカーを追加する
  • 新しいドキュメントを作成することなくプレゼンテーションまたは実行可能なプランに進化させる
  • さらに、もっと

それでは、MindManager 2020に含まれる 2 つ目のエキサイティングな Excel 連携機能を見てみましょう: Excel エクスポート

Excel エクスポート: スタイルと実体が伴った Excel シート

新しいExcel エクスポートは逆転しただけで同様の方法で動作します。MindManager のマップを、視覚的に魅力的で即座に意味があり、理解しやすい Excel シートにすばやく変換します。

LAN Corpのプロダクトマネージャは、彼のチームのとあるプロジェクトを追跡するために以下のマップを作成し、誰もが何が起こっているのか、何が重要であるかを一目で把握できるように、あらゆる種類のメタデータなどを付加しました。

MindManager 2020 | Microsoft Excel Integrations | Example 6

彼は明日の会議で上司とこの情報を共有する必要があります。そして、上司は Excel を操作することを好みます。

幸いなことに、これはエクスポートツールで数秒の作業です。

「クイックエクスポート」を1回クリックだけで、すべてのマップコンテンツをExcelドキュメントに即座に送信できます。

MindManager 2020 | Microsoft Excel Integrations | Example 7

または、「カスタムエクスポート」を選択し、数回クリックすれば、非常に具体的でターゲットを絞った Excel を作成することができます。

MindManager 2020 | Microsoft Excel Integrations | Example 8

どちらのオプションも、マップの構造的および視覚的な意味を維持する Excel シートを生成するため、マップに含まれる情報は明確で簡単に理解できます。そして、それは Excel だけができるように調理することが可能になるのです。

MindManager 2020 | Microsoft Excel Integrations | Example 9

MindManager と Microsoft Excel: 一緒だともっとよくなる

MindManager 2020 に搭載された Excel 連携は、Excel の分析能力と膨大な量と幅広いデータを格納する機能と、柔軟で動的なビジュアル化する機能を結びつけます。これらを組み合わせることで、他の方法ではできない形で操作を行ったり、データと接続したりできます。

自分の目でこのダイナミックな連携プレーを見てみませんか。MindManager 2020 の無償トライアルはここをクリックしてください。

この投稿は、NEW in MindManager 2020: Advanced Excel Integrations を日本語化したものです。

今すぐトライアルを開始