ぜひ、Lean Six Sigmaホワイトペーパーをダウンロードください!

MindManager とはオールインワンビジネスツールである

著者:ブレンダン・マコネル

Try MindManager Free | MindManager Blog

企業や労働者がこれまで以上に多くのデータを扱っている圧倒的な情報の時代では、つながりが成功の鍵です。人、プラットフォーム、データを結び付け、企業の知識を一元化することで、明確な計画と成功への道筋を確保できます。

MindManager は、組織内のさまざまなワークフローや役割と連携することで、これらをつなげるオールインワンビジネスツールです。もともと個人と組織と効率のために個人が使用するマインドマップ作成プラットフォームである MindManagerは、組織のあらゆるレベルで専門家や戦略家のためのダイナミックなビジネスツールに進化しました。MindManager のようなマインド マップ作成 ソフトウェアの将来は、組織にとって最も重要な情報を一元化し、従業員があらゆるレベルで働き、成功することを容易にする能力にあります。

特に、MindManagerはビジネスプロフェッショナルに次のようなメリットを提供しています。

  • MindManager は生産性を向上させます。
  • MindManager を使用すると、プロジェクトとタスクの管理が向上します。
  • MindManager は時間を節約します。
  • MindManager は知識の損失を減らします。
  • MindManager はチームワークとコラボレーションを後押しします。
  • MindManager は企業のナレッジを拡大し、一元化します。
  • MindManager は継続的な技術革新を促進します。

これらのメリットをそれぞれ掘り下げ、組織内での成功につながるしくみについて説明します。

MindManagerがビジネスプロフェッショナルを支援する7つの方法

MindManagerは、ビジネス情報の管理を容易かつ効率的に行えるように努めています。MindManager が組織に利益をもたらす 7 つの方法を掘り下げてみましょう。

1. MindManager は生産性を向上させる

MindManagerの最大の強みのひとつとして、ユーザーが知識の結びつきの力を使って素早く成功を収めるのに役立つということです。始めるには、ユーザーはプロジェクトのさまざまなアイデアや側面をすべてキャプチャして処理し、プロジェクトマップに集中化することができます。これにより、プロセスを拡張および改良するための知識の中心的なプラットフォームが作成されます。

視覚的に作業することで、MindManager ユーザーは合理的/分析的な左脳を利用してタスクを完了するだけでなく、創造的/直感的な右脳にも作用します。この二重の処理機能により、常に全体像を見守りながら、適切なソリューションをより迅速に考案することができます。この効率は、単純なタスクだけでなく、より大きく複雑な問題でも可能です。

2. MindManagerはより良いプロジェクトとタスクの管理を可能にします。

MindManagerは、ライフサイクル全体を通じてすべてのプロジェクト情報の中央リポジトリとして機能します。プロジェクトチームは、キックオフ計画会議の早い段階で、MindManagerを使用してアイディアのキャプチャ、情報の構造化、優先順位のフィルタリングと割り当て、タスクとリソースの確立を行うことができます。MindManager へのプロジェクト情報の入力は簡単で、テキスト、グラフィックス、計算、ファイルとリンク、連絡先、予定など、さまざまなソースから取得できます。サブタスクを定義し、チーム メンバーに割り当てることで、プロジェクトを構成できます。

プロジェクト管理者は、アイコン、タスク情報、SmartRules™機能を使用して、進行状況を視覚的に追跡できます。完了したタスクや遅延したタスクにはプロジェクト マップ内にフラグが付けられており、チームが目標に向かってどのように進んでいるかを簡単に確認できます。

MindManager の SmartRule™ 機能

3. MindManager は時間を節約します

MindManager の情報収集、整理、視覚化に貢献し、複雑なアイテムを迅速にとらえ、理解、および描写できます。これにより、概要把握とドキュメントのプロセスを大幅に短縮できます。MindManager ファイルが高度にターゲット指向でカスタマイズ可能なため、会議、ファイル管理、情報処理に費やす時間を大幅に削減できます。MindManager と Microsoft Office スイートとの連携により、既に取り込んだたデータを再利用する際の時間と労力を節約できます。ユーザーは、Excel、Outlook、Word などの一般的な職場で使われているツールから MindManager にシームレスに移行できるため、無駄な労力を費やすことなく高い生産性を維持できます。

実際、MindManager ユーザーは、毎日最大25%の作業時間を節約し、組織の成果を上げない無駄なタスクを減らすのに役立つという報告があがっています。

Excel Export | MindManager Blog

MindManager の Excel エクスポート機能

4.MindManager は、ナレッジの損失を減らします。

MindManager のリンク機能と添付ファイル機能を使用すると、主要なビジネス情報の多くを制限なくアクセスでき、一元化されたダッシュボードとして利用できます。データ、ドキュメント、リンク、タスク、計算をマップに簡単に取り込み、一元的に保存できます。プロジェクトやワークフローの進行に合わせて、ダッシュボードの情報を追加、編集、削除することもでき、作業しているタスクに関連する最新情報を維持できます。

最後に、あなたの仕事を表示する時間では、MindManagerのダッシュボードは簡単にPowerPoint、Word、またはPDFドキュメントに変換できます。ファイルを目的のプラットフォームにエクスポートし、自動的にフォーマットされたドキュメントを関連する関係者と共有するだけです。

このように、情報を収集、管理、編集、エクスポートするシームレスな機能により、プロジェクトライフサイクルのどの段階でも貴重なビジネス情報が失われず、意思決定者や主要関係者と共有することができます。

5. MindManager はチームワークとコラボレーションを向上させます。

MindManagerはオフラインとオンラインの両方でチームのコラボレーションに理想的なツールです。会議ノートを取ったり、ブレーンストーミングセッションを録画したりすることは、作成されたアイディアをすばやく取り込むことができるため、MindManager で特に効果的です。マネージャーとミーティングリーダーは、チームのコラボレーションセッションでアイデアやコメントを迅速かつ簡単に取り込み、会議の後に情報をフォーマットして処理し、その形式のドキュメントを関連する関係者と共有できます。

MindManager は、プロジェクトのコラボレーションも効率化します。プロジェクト計画の作成、リソースの割り当て、期限と予算の追跡、関連情報の集中管理を行う中心的なプラットフォームとして機能する MindManager は、一人であっても複数人であってもプロジェクトのコア ツールとして機能します。タスクが完了すると、チーム メンバーは、各自の状態を更新し、新しい作業ドキュメントを中央のプロジェクト マップに直接追加できます。

MindManager のコラボレーションとチームワークの可能性は事実上無限大です。チームとどのように統合できるかを確認する最善の方法は、会議やブレーンストーミングセッションで試してみることと、そのドキュメントを、実行可能なプロジェクトやタスクの出発点として使用することです。

6. MindManager は、企業のナレッジを拡大し、一元化します

MindManager を使用して集中管理されたナレッジ マップを使用する従業員が増えるにつれて、会社情報に対する共有所有権が認識され始めます。MindManager を使用すると、保存された企業ナレッジの量と品質を向上させ、組織内の他のユーザーに利益を提供し、自分の情報を提供するよう促すことができます。

新しいナレッジ マップが作成され、洗練されると、組織全体の従業員が、組織の異なる部分から個々のデータを追加および整理します。一元化すると、この情報を他の同僚が確認および拡張し、組織の品質と有用性を向上させることができます。結果、チームや企業内の知識の全体を反映する非常に貴重なクラウド ソースのナレッジ マップです。これらのデータにアクセスして理解できる簡単な方法は、組織内で幅広い知識と学習の普及を促進していることを意味します。

この企業ナレッジの一元化は、誰かが組織を離れたとしても情報が失われないようにし、容易に新入社員に引き継がれるのを担保するために非常に貴重です。また、他の従業員が既に解決した研究開発とプロセス開発作業の重複を避けることができます。組織内のひとりが何かを知っている (または何かを行う方法を知っている) 場合は、同僚の全員がその情報にアクセスできます。

7. MindManager は、継続的な技術革新を促進します。

上記の 6 つのメリットにより、MindManager は組織内のイノベーションを推進するのに特に適しています。MindManager を使用して情報を処理し、日常のタスクを整理することで、チームはあらゆるワークフロー プロセスの非常に早い段階で生産性を大幅に向上させます。

なぜなら、情報を一元化しあなたの理解する方法をなぞる非線形な方法で作業することは、創造性と合理化のための大きな可能性を解き放つのに役立つからです。ユーザーは、データ ポイントとタスクの複雑な関係をより短時間で取り込むことができ、効果的なアクション プランを迅速に作成できます。

この効率性とアイディアをより明確に提示できることで、プロジェクトは組織内でも外部のクライアントや利害関係者にも簡単に「売り」になるようになります。これにより、承認プロセスが迅速化され、新しいプロジェクトが実行され、従業員が会社のイノベーターに変容します。

ほとんどの組織や労働者がそれに同意することがひとつあるとすれば、今日の職場の情報の豊富さが対処する必要がある要因です。情報が多すぎると、生産性、意思決定、従業員の士気に悪影響を及ぼす可能性があります。情報過多を緩和する方法を見つけることは、今日と将来の両方で成功を収めるために不可欠です。

MindManager は、世界中の多くの組織がこの情報過多問題を克服し、貴重な従業員からより良い結果を得るために使用しているオールインワンのビジネスツールなのです。

この記事は、MindManager: the all-in-one business tool を翻訳したものです。

今すぐトライアルを開始