MindManager Enterprise

見るもの、創るもの、コミュニケーション、目標の限界をチームで超える

正しいマップがあれば、ビジネスはどこにだって行ける

ビジネス成功の第一歩は、しっかりチームを組織すること。 しかし、ソフトウェア、ツール、データがそれぞれ分断されると、それらの間にできた隙間によってミスコミュニケーションが発生し、ビジョンは揺らぎ、最終的にはプロジェクトが失敗してしまう恐れがあります。

MindManager Enterprise は、チームメンバーがより効率的に自分で作業するように支援するワンストップソリューションです。すでに利用可能なツールを最大限に活用し、お互いがより効果的に協力しあい、これまで以上に速く目標を達成できるようになります。

「ミーティング管理ツール、プロジェクトプランナー、情報管理システムとして MindManager を利用しています。プレゼンテーションの準備にかかる時間が半分になりました。」

スタッフ・サイエンティスト(DuPont Genencor)

力を合わせてより良く、より速く

非生産的な会議や信頼性に欠けるメールスレッドの代わりに、目標、期待値、要件、タスク、優先度などが即座に明解になる包括的なビジュアル マップを手に入れましょう。

  • 動的なブレインストーミングから実行可能な戦略に一回のチームセッションで変換が可能。
  • 会議のメモ、プロセス、計画を組織全体で共有して、理解、連携、支援を促進。
  • 全体的な企業目標に沿ったプロジェクトの確立。

そつなく計画、巧みに管理

ミスコミュニケーション、連携不足、納期遅れなど、プロジェクトの失敗を招く落とし穴に落ちないように、高度なプロジェクト管理ツールを使ってチーム全体で最初から共通認識を持たせましょう。

  • 範囲、要件、期待値を定義し、ひとつの透過的なコミュニケーションで進捗状況を追跡可能。
  • プロジェクトをリソース、タスク、タイムラインごとや Gantt Pro などで表示し、ステータス、フラグ、リスクの「見える化」を向上させて死角を根絶。
  • プロジェクトの全体目標とプロジェクトを構成する詳細を簡単に調整可能。

知識を一元化して実行をシンプルに

Microsoft SharePoint、Office、Project との強力な連携。さらに、Zapier を通じて連携が可能なアプリケーションは 800 以上。チーム メンバーが一元化されたポータルを使うことで、時間の節約、冗長性の排除、精度の向上を期待できます。

  • ひとつのダッシュボード内で複数の SharePoint サイトの情報を照会して視覚化。
  • 強力な検索、フィルタリング、インデックス作成ツールを使用して大量のデータを簡単にコマンド操作可能。
  • ファイル、リンク、メディア、メモなどをつなげて関連付けることで、豊富で包括的、そして共有可能な計画と知識リポジトリを作成可能。

5 人以上のチームの場合はエンタープライズ向けのメリットを活用

MindManager は、ビジネスのあらゆる面を理解、サポートします。Enterprise バージョンは、5〜5,000 人以上のチームに対して迅速かつスムーズに導入可能で、お客様のニーズに応えます。

  • シンプルなネットワーク展開と業界標準の認証プロトコルのサポート。
  • ボリューム ライセンス、段階的な価格設定、アップグレード保証、Mindjet ソフトウェア保証 (MSA) による専門テクニカル サポートなど。
  • MindManager 2019 for WindowsMindManager 11 for Mac、MindManager Reader(Windows および Mac)および MindManager Server App for SharePoint を同梱。

向上した SharePoint 連携 | 機能改善した Gantt Pro

さらに、すべての MindManager 2019 for Windows の新機能、機能改善が含まれます:

新機能 テーマ デザイン

最初に受けた印象は、その後のすべてに影響します。MindManager 2019 のビジュアルテーマは、鮮やかな色、最新のフォント、多種多様なデザインがそろっているため、プレゼンテーションに素早く色調を設定し、ブランド、スタイル、内容に関する細部にいたるまで逃すことなく重要なメッセージを素早く伝えます。

  • 洗練されたものから、個性的なもの、ドラマチックなものまで 40 種類以上のビジュアルテーマから選択できます。
  • ワンクリックで、どんなマップでもルック・アンド・フィールや色調を変更
  • 受け手や目的に応じたテーマの切り替えも容易です

新機能 簡単なテーマ エディタ

細かいビジュアル表現が、コミュニケーションで大きなインパクトを与えることがあります。MindManager 2019 のテーマ編集ツールは効率化され、見やすく、使いやすくなりました。ちょっとクリックするだけでどんなマップも思った通りの外観に微調整できます。

  • トピックのテキスト、フォント、図形、線、色などを容易に調整
  • マップの構造は変えずにビジュアルテーマを変更
  • ブランドやコンテンツ、ビジョンに適した視覚表示を高度にカスタマイズして作成

新機能 オブジェクトおよび スマートシェイプ

図は注意を引き言葉より優れた理解をもたらします。このため、オブジェクト ライブラリーに新しく強力な図形を 12 種類追加しました。トピックをグループに分け、図形内を区分して重要な領域とその他の領域に分けられます。カスタマイズ可能な スマートシェイプ を組み合わせて独自の目標に対応する新しいテンプレートやダイアグラムの種類を構築できます。

  • 12種類の新しい図形(星形、矢印、括弧、絞り込みなど)を使ってマップのコンテンツをさらに拡大し、豊富かつ明確に整理
  • 進捗状況の定義、コンセプトの説明などを行うための図形内のコンテンツのグループ分けも容易
  • 新しく高性能なファンネルとマトリクスでカスタマイズ可能なダイアグラムを素早く容易に作成

新機能 幅の調節

視覚表示が多様過ぎると、気が散ってしまい、注目すべき内容に集中できなくなります。トピック調節ツールを使うと、トピックに沿わない部分を除去できるため、人々の意識をプレゼンテーションの構造でなく内容に集中させることができます。

  • トピックの幅を標準化することにより、より読みやすく、集中できるプレゼンテーションが完成
  • トピックの幅を手動または少しクリックして調節
  • 変更を個々のトピックやマップ全体に反映

新機能 HTML5 のエクスポートおよび共有

わかりやすく方向が示されれば誰も道に迷うことはありません。弊社の HTML5 エクスポートおよび共有ツールに内蔵されたフィルタリングおよびリンク機能を使うと、マップを共有した人々に見て欲しい情報を素早く容易に見せることができるため、プロジェクトや会話を前進させることができます。

  • マップを共有した人々を誘導し、理解し、対応することが容易
  • マップのエクスポートおよび共有後に、アイコン、タグ、リソース、保存されたパワー フィルタ クエリでフィルタリングが可能
  • トピックを直接関連付け、見て欲しい内容に目が行くよう誘導

新機能 SmartRules™

条件付き書式により、マップから読み取れる情報が変わりました。これが次なるレベルに達しましたSmartRules™ により、条件付き書式だけでなく、トピックのルック・アント・フィールだけでなく、トピックのデータ自体も自動で更新できるようになりました、このため、繰り返し作業が省ける上、マップは単なる処理やワークフローを表示したものでなく、それらを推進させるものになりました。

  • 特定のトリガーに基づいて、トピックのアイコン、タグ、プロパティ、進行状況および優先度のマーカーなどを変更する規則を入力
  • SmartRules を各々のオブジェクトやトピックに反映させ、枝またはダイアグラム全部を選択
  • コンテンツの更新内容をタスクのリスト、プロジェクトの計画、フローチャートなどに自動で反映させ、時間を省き、生産性を向上

新機能 タグ ビュー

プロジェクトは、常に前進することにより成功します。タグ ビューにより、プロジェクトの完了までの全体的進行状況を明確に知り、個々のタスクの進行状況を知ることができるため、作業を順調に進め、遅延させることなく適切な変更を行うことができます。

  • 継続的なカンバンの縦欄ビューでタスクとアクション項目の状況を見て更新
  • 未処理のタスク、障害、リソースの問題を素早く特定
  • カスタマイズされた欄のタグを使って工程を定義し、マップ ビューに自動で反映

新機能 アイコン ビュー

正しい視点を持つことによりすべてが変わります。人気の優先度ビューに 500 種類以上のアイコンを追加し、並べ替えや整理オプションがより柔軟となるよう強化しました。必要な時にはすぐに必要な情報を見ることができます。

  • 優先度、進行状況など、500 種類以上のアイコンから選んだアイコンによって整理されたマップの内容を閲覧可能
  • ドラッグ & ドロップするだけで、アイコン ビュー内でアイコンをトピックに割り当て
  • すべてのビューのトピックの更新や管理がより迅速、容易、論理的に

新機能  インポート

正しい環境の下では、古い考えを新しいレベルへと成長させることができます。MindManager の業界一のマッピングやダイアグラムのツールを使うと、XMind および FreeMind アプリケーションで作成したコンテンツを全く新しい深度、意味、値を使ってより豊富にすることができます。

  • XMind および FreeMind のマップを MindManager ファイルに変換させ、MindManager の全機能を活用して進化
  • ファイルを直接 MindManager にインポート
  • 元のアプリケーションのデータを損失させることなくマップの構造とコンテンツも保持

*注:パブリッシャーとデータ保存場所をコントロールできるのは、MindManager Enterprise のみです。

さらに

情報を最大化させるのに、情報量を最大にする必要はありませ

ん。拡張・強化された MindManager 2019 のアイコンライブラリーにはあらゆるトピックを網羅したビジュアルデータがあり、これらを追加することで、一目で意味を正しくとらえ、行動につなげる効率的なコミュニケーションになります。

機能強化 メニューのデザイン

正しいツールが手元にあれば、仕事はより簡単になり、結果も向上します。MindManager 2019 の一新されたメニューはよりわかりやすく、整理されており、これまでになく使いやすくなりました。必要な情報を探す時間を減らし、想像したり創造する時間を増やすことができます。

MindManager 2019 for Windows を今すぐ体験してください!

30日間、すべての機能を無料でお試しできます

ぜひ MindManager Enterprise をお試しください。

MindManager 2019 for Windows:

  • Microsoft Windows 10(32ビットおよび64ビット)、Microsoft Windows 8 および 8.1(32ビットおよび64ビット)、Microsoft Windows 7 Service Pack 1(32ビットおよび64ビット)
  • IBM、または互換性のある Pentium プロセッサ(1 GHz以上)
  • 2GB以上のRAM
  • 830 MB のディスク空き容量 • 推奨最小ディスプレイ: 1280 x 720 ピクセル
  • Microsoft .NET 4.6 以降 • 対応 SharePoint 認証方法: NTLM、Forms Based、SAML(SharePoint 2013)、Azure ADFS/On Premises、Office 365、および多要素認証

特定機能の使用におけるその他の要件:

  • Microsoft Office Professional 2010、2013、または、2016(32ビットおよび64ビット)
  • Microsoft Project 2010、2013、または 2016(32ビットおよび64ビット)
  • Microsoft Internet Explorer 11.0 以降
  • ブロードバンドインターネット接続

Mindjet MindManager 11 for Mac:

  •  macOS 10.12(Sierra)以降
  • 250 MB のディスク空き容量
  • 1024 × 768 以上のディスプレイの解像度

MindManager Server ソフトウェア:

  • SharePoint 2013(Foundation、Server)
  • SharePoint 2013用ブラウザ: Internet Explorer 11以降、Firefox 17以降、Chrome(最新版)、
  • Safari(最新版)